KK02
きたしながわ北品川

下り

上り

(本線)

停車する電車

  • 停車する電車
  • 普通
  • エアポート急行
  • 特急
  • 快特
  • エアポート快特

時刻表、乗換・運賃案内

本線:下り(浦賀方面)

本線:上り(泉岳寺方面)

目的地までの運賃や乗換ルートを調べる

乗換・運賃案内

京急線の駅をご指定ください

出発駅
到着駅
日付・時刻
詳細条件
表示指定
ウィング号の利用

駅構内図・駅設備

凡例

バリアフリー設備

エスカレーター
ある
スロープ
ある
多機能トイレ
ない
ハンドル形電動
車いす対応
ある
待合室
ない
エスカル
ない
エレベーター
ある
定期券窓口
ある
AED
(自動体外式除細動器)
ある
筆談器
ある
  • エスカル:車椅子用階段昇降機
  • 定期券は全駅(泉岳寺駅を除く)の自動券売機で購入できます。

おすすめ情報

駅の概要

北品川駅は明治37年5月8日、初代品川駅として荏原郡品川町北端の品川鉄橋際に開業し、八ッ山停留場と通称され京浜電気鉄道のターミナルとして大正末年まで機能した。この開業に備えてボギー車が用意されたが、発電所の出力増強用に手配した機器類が、日露戦争の影響を受けて納期に間に合わなかったため、当面は在来の四輪車両を使用することになり、わが国初のボギー車の就役は同年9月となった。大正時代の後半、国道(東海道)改修の計画がもちあがり、品川停留場付近の軌道敷が収用されることになった。これにより大正13年4月、品川停留場は横浜寄りに移設されることになり、明治以来のターミナル建造物は撤去され、翌3月の高輪までの延長に伴い駅名を北品川に改称した。以降この延長線の一部は本線最後の道路併用軌道として昭和31年まで残ることになった。昭和57年、構内通路の除去、こ線橋を新設するとともにホーム長を上下共80mから115mに延長、六両編成列車の停車を可能にする等の改良工事を実施し、現在の姿になっている。

【所在地】品川区北品川1-1-4

京急沿線を満喫できるおトクなきっぷをご紹介。