KK01
しながわ品川

下り

上り

(本線)

停車する電車

  • 停車する電車
  • 普通
  • エアポート急行
  • 特急
  • 快特
  • エアポート快特

時刻表、乗換・運賃案内

本線:下り(浦賀方面)

本線:上り(泉岳寺方面)

目的地までの運賃や乗換ルートを調べる

乗換・運賃案内

京急線の駅をご指定ください

出発駅
到着駅
日付・時刻
詳細条件
表示指定
ウィング号の利用

他社線やバスの乗り換え

電車
バス

駅構内図・駅設備

凡例

バリアフリー設備

エスカレーター
ある
スロープ
ある
多機能トイレ
ない
ハンドル形電動
車いす対応
ある
待合室
ない
エスカル
ない
エレベーター
ある
定期券窓口
ある
AED
(自動体外式除細動器)
ある
筆談器
ある
  • エスカル:車椅子用階段昇降機
  • 定期券は全駅(泉岳寺駅を除く)の自動券売機で購入できます。
  • ハンドル形電動車いす:南口はエレベーターがないため利用できません。

駅の概要

現在の品川駅の前身とも言える「高輪停留場」は、大正14年3月11日、現在のウィング高輪の位置に20数軒の店舗を持つターミナルビルとして開業した(高輪ビルディングと呼ばれた)。しかし、創業以来の懸案であったこの東京市部への乗り入れは、八ッ山橋付近から路面軌道方式であったため、進みつつある高速電車時代の要求に十分に応えられるものではなかった。そこでさまざまな検討がなされた結果、国鉄品川駅乗り入れという方針が打ち出され、昭和8年4月1日、現在の位置に京浜デパートを1階部分にかまえた品川駅が開業した。これに伴い高輪停留場は廃止され、高輪ビルディングは賃貸ビルに改造された。また、同時に湘南電気鉄道(大正14年12月設立、昭和5年4月黄金町~浦賀間および金沢八景~湘南逗子間開業)との直通運転を開始したことにより、品川から浦賀までの大動脈が完成した。以来、品川駅は実質上の始発駅として位置付けられ現在に至っている。平成15年10月には東海道新幹線品川駅が開業し、羽田空港のみならず新幹線利用時の表玄関として年々その役割は増している。

【所在地】港区高輪3-26-26

京急沿線を満喫できるおトクなきっぷをご紹介。