トップメッセージ

平素より当社および京急グループの事業活動にご理解とご支援を賜り、厚く御礼申しあげます。

本日(2022年4月1日)より、社長を務めることになりました川俣でございます。重責ではありますが、自らの経験を活かし、精一杯職務に励んでまいりたいと思っております。

現在当社グループはコロナ禍による経営環境の大きな変化に対応すべく、「事業構造変革」や「事業ポートフォリオ変革」に取り組んでおりますが、当社グループを取り巻く環境はより厳しくまた不透明感が増しております。

今後は変革への取り組みをより一層強力に推し進める必要があり、そのために、取り組みの土台となる「企業体質の変革」につきましても粘り強く挑戦してまいりたいと考えております。

また、当社グループの長期ビジョンであります「日本全国、そして世界とつながり、日本発展の原動力である品川・羽田・横浜 を成長トライアングルゾーンと位置付け、国内外の多くの人々の生活と交流を支え、持続的に発展する豊かな沿線の実現」に向け、鉄道を軸とした『移動』と地域の課題解決や価値向上の取り組みである『まち創造』を2つの事業プラットフォームと位置づけ、「当社グループが地域社会とともに持続的に発展していくための仕組み創り」に邁進してまいりたいと思っております。

京急グループは、ウィズコロナ・ポストコロナ社会においても、お客さま、株主の皆さま、地域の皆さまにご愛顧いただける企業グループを目指してまいりますので、引き続き変わらぬご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2022年4月

京浜急行電鉄株式会社
取締役社長

川俣幸宏