ディスクロージャーポリシー

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

当社は、次の項目を順守し、企業情報を適時、公正、公平かつ継続的に開示することにより、株主や投資家の皆様の信頼と理解の確保に努めます。

1.情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の関連法令や東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」という。)」に基づき情報開示を行います。また、関連法令や適時開示に係る規則等に該当しない情報であっても、当社への理解を深めるために有効であると思われる情報については、積極的な開示に努めます。

2.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報は、同規則に従い、東京証券取引所が運営する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」にて開示します。開示後、速やかに報道機関に同一情報を提供するとともに、当社ウェブサイトに開示します。また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社への理解を深めるために有効であると思われる情報は、当社ウェブサイトへの開示等により、できるだけ公平かつ適切な情報開示を行います。

3.将来の見通しについて

当社が開示する情報のなかには、将来の見通しに関する事項が含まれている場合がありますが、これは発表時点での情報に基づく予想であり、実際の業績は、経済情勢等の変化により大きく異なる結果となる場合があります。

4.沈黙期間について

当社は、決算情報の漏洩防止と公平性の確保のため、決算発表前2週間を沈黙期間とし、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に基づき開示することとします。