エリア戦略の重点テーマ

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

品川を筆頭に駅周辺を核とする街づくりの推進

品川駅周辺での事業展開

品川駅のアクセスの利便性
品川駅高輪口周辺

京急グループは、品川駅周辺に約60,000m2の土地を保有しており、「品川駅」や「SHINAGAWA GOOS」をはじめ、ホテル・オフィス・商業施設など様々な事業を展開しています。

ホテル事業

  • 京急EXイン 品川駅前/高輪
    高輪口から徒歩3分、2館あわせて1,000室以上の客室数を誇ります。
  • 京急EXイン 品川・泉岳寺駅前
    2016年6月、都心や羽田空港アクセスに便利な京急線・都営浅草線泉岳寺駅前にオープン。

不動産賃貸事業

  • SHINAGAWA GOOS
    「京急EXイン 品川駅前」を中心とした、レストラン・ショップ・カンファレンス・ウェディングなど複数の施設を擁する複合施設。
  • オフィスビル
    羽田空港や都心へのアクセスの良い品川駅周辺に7棟の賃貸オフィスビルを保有・運営しています。

流通事業

  • ウィング高輪EAST・WEST
    ファッションからレストラン&カフェ、フードまで、毎日の暮らしを彩るショッピングスポット。

京急品川駅および周辺の開発

品川駅周辺の発展を担う事業者として、国際交流拠点化に向けた開発事業を推進します。
品川駅街区地区については、土地区画整理の手法を活用し、2019年度の着手を目指します。

品川駅周辺開発事業 開発スケジュールイメージ

京急品川駅の地平化(2面4線)

京急品川駅の地平化(2面4線イメージ)

品川駅は、利用客の利便性向上を図るため、現在高架上にある2面3線のホームをJR東日本のホームと同じレベルに配置し、あわせて2面4線化により利便性向上および空港アクセス向上を計画しています。品川駅を地平化することで、品川駅東口から東西自由通路を延伸させて国道15号を越えて西口地区へと繋ぐ、歩行者ネットワークを構築することが可能となり、乗り換えの利便性や安全性が向上した魅力的な駅への再編に取り組みます。

品川第一踏切道を含む3か所の踏切解消

京急品川駅の南方にある品川第一踏切道を含む3か所の踏切は、現在京急本線で都内に残る最後の踏切です。鉄道輸送の安全性の向上を図るだけではなく、品川駅南側の道路交通を円滑にして地域の東西連絡性を強化・改善させるべく、この踏切の解消を目指します。

「西口地区」の開発

西口地区においては、地域が持つ歴史性や豊かな緑を発展・継承しながら、オフィス・MICE・商業・レジデンス等による高度利用と高機能化を図ることで、品格のある街・シンボルとなる開発の両立を実現していきます。

「駅街区地区」の開発

駅街区地区においては、駅と一体という利便性を活用した駅ビル開発や、デッキ整備を通じて周辺地区との連携、リニア・バス・タクシー等の各種交通網との連携を想定した拠点整備を目指します。

羽田における基盤強化の推進

羽田空港における航空旅客数の増加

羽田空港は、国内49空港、世界18か国・地域の31都市34空港とネットワークを形成しており、2017年度の国際線・国内線をあわせた年間航空旅客数は、過去最高を記録しました。
2020年までに飛行ルートを変更することで、国際線の発着回数を年3.9万回増やすことが検討されており、今後もさらなる旅客数の増加が見込まれます

羽田空港 航空旅客数

拡大する京急線需要

航空旅客数の増加や、ダイヤ改正で羽田空港アクセスを向上させたことにより、2017年度駅別1日平均乗降人員では、国際線ターミナル駅が26,036人(前年比9.7%増)、国内線ターミナル駅が90,516人(前年比3.9%増)を記録し、国際線・国内線ターミナル駅の合計では、116,552人(前年比5.2%増)を記録しました。

京急線羽田空港国際線・国内線ターミナル駅1日平均乗降人員

羽田空港アクセスを担う

羽田空港周辺エリアにおいて事業を拡大

羽田空港周辺で、ホテルや商業施設など様々な施設を運営しており、2015年10月には羽田空港国際線ターミナル駅構内に免税サービス実施店舗を誘致した商業ゾーン「ウィングエアポート羽田」を開業しました。
また、羽田空港へのアクセスに優れたビジネスホテル事業を展開しています。2017年度には天空橋駅付近に、300室以上の客室を備える「京急EXイン羽田」が開業。羽田空港周辺エリアにおいて、積極的な投資を推進し、羽田空港需要を余すところなく取り込んでいきます。

都市近郊リゾート三浦の創生

三浦半島は都心部の近郊に位置しながら、美しい自然に囲まれています。
京急グループでは、鉄道・バス・タクシーなど三浦半島の交通網の連携強化を図るほか、展開しているリゾートホテルから水族館、ヨットハーバーまで様々な事業を通じて、観光の活性化などを推進します。

ホテル・レジャー施設

観音崎京急ホテル・SPASSO、ホテル京急油壺観潮荘、城ヶ島京急ホテル
葉山マリーナ、京急油壺マリンパーク、油壺京急マリーナ

おトクなきっぷ

みさきまぐろきっぷ、三浦半島1DAYきっぷ・2DAYきっぷ、よこすか満喫きっぷ、葉山女子旅きっぷ

地元自治体と協力した認知度向上への取り組み

ミシュラン・グリーンライナー運行

三浦半島エリアはフランスのタイヤメーカー、ミシュランが発行する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」において、エリア内各地の観光地が紹介されています。
これにあわせ、三浦半島エリアが紹介されていることを訪日外国人にPRする「ミシュラン・グリーンライナー」を運行しています。

三崎口駅前観光案内所

2015年7月、三浦市観光協会運営のもと、三崎口駅前にオープンしました。
「城ヶ島」や「小網代の森」の観光案内など、三浦半島の観光情報を発信しています。

三浦半島エリア勉強会

三浦半島に点在する京急グループの保有資産を活用し、三浦半島全体の活性化を実現するには、グループ各社の現場社員の意見やアイディアが必要不可欠です。このため、2016年度に「三浦半島エリア勉強会」をスタート。20~30代の若手社員を中心としたメンバーで、定期的に各社同士の意見交換を行い、今までにない様々な施策を検討・実行しています。

三浦半島エリア勉強会×東京大学

「三浦半島エリア勉強会」では、三浦半島のコンセプトをつくり上げることを目的に、2017年5月から東京大学とともに、フィールドワークやワークショップを重ねてきました。その共同研究の成果として、再認識した三浦半島の魅力をまとめた「三浦半島コンセプトブック」が完成しました。
京急グループでは、今後、コンセプトブックに沿った形で「都市近郊リゾート三浦の創生」実現に向けた取り組みを実施していきます。

みうら元旦号

2018年元旦に京急川崎駅および横浜駅から三浦海岸駅まで直行の貸切列車を運行しました。初詣の名所である川崎大師への入口である京急川崎駅とカウントダウンイベントなどで盛り上がる横浜駅から、東京湾から昇る初日の出がご覧いただける三浦海岸へ、ゆったりと座って向かうことができます。当日は、京急グッズや三浦野菜などお土産の配布のほか、三浦海岸では、地元の方による海防陣屋太鼓の演奏や陣屋汁の配布、新春みかん投げなどが行われました。

みうら河津桜号・みうら夜桜号

三浦海岸の河津桜が見ごろになる時期にあわせ、品川駅から三浦海岸駅まで直行のお花見特別列車を例年2月に運行しています。2017年は「みうら河津桜号」に加え、河津桜のライトアップ時間にあわせた「みうら夜桜号」も運行。両列車とも車内ではビールとおつまみセットを配布し、琴や尺八などの演奏を楽しんでいただいたほか、三浦海岸駅において地元の三浦野菜のプレゼントも行いました。

KEIKYU MERMAID TRAIN

三浦海岸海水浴場を再び盛り上げ、多くの方に海で遊ぶ楽しさを知ってもらうために、ファッション水着国内シェアNo.1の「三愛水着楽園」を展開する株式会社Aiとコラボレーションし、女性限定の水着ファッションショー電車を運行しました。特別列車として品川駅から三浦海岸までノンストップで運行し、6名のモデルが電車内をウォーキングして新作水着を披露しました。

交通資源を活用した魅力発信

「みさきまぐろきっぷ」で乗車できる「KEIKYU OPEN TOP BUS」を運行開始

2017年10月から、三浦半島と周遊する2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」を運行しています。同乗するバスガイドによる観光案内を聞きながら三浦半島ならではの美しい景色をお楽しみいただけます。このバスには「みさきまぐろきっぷ」の「三浦・三崎おもひで券」ご利用で乗車することができます。

みうら河津桜号・みうら夜桜号

三浦海岸の河津桜が見ごろになる時期にあわせ、品川駅から三浦海岸駅まで直行のお花見特別貸切列車を例年2月に運行しています。2018年は「みさきまぐろきっぷ」付きで桜をお楽しみいただく「みうら河津桜号」、ライトアップされた夜桜をご堪能いただく「みうら夜桜号」を運行。両列車とも車内ではビールとおつまみセットをお配りし、三味線やアコーディオンの演奏を楽しんでいただいたほか、三浦海岸駅において地元の三浦野菜のプレゼントも行いました。

地域とともに歩む

都心から横浜・三浦半島まで地域ごとに様々な魅力があふれる京急沿線。
京急グループでは、地域の特性や市場動向を捉え、事業展開に活かすことで、これまで以上に地域との連携を強め、お客さまが求めるサービス・商品を提供していきます。

「京急EXホテル」・「京急EXイン」の2ブランドで多店舗展開

2017年に10周年を迎えた「京急EXイン」は、宿泊特化型の業態により、駅近接立地を中心に、羽田空港や品川駅への高い交通利便性を強みとして、現在、13館2,779室の体制で営業展開を行い、全館で高稼働率を維持しています。ビジネスホテルをご利用されるお客さまは、これまでの国内出張ビジネスに加え、近年、インバウンドやアッパービジネス、女性グループやシニア世代の国内レジャー需要など、お客さまの多様化が進むとともに、宿泊に付加価値を求めるお客さまも増加しています。2018年10月、主要ターミナル駅である品川駅前に立地し、広い客室や施設グレードを有する「京急EXイン品川駅前」・「京急EXイン高輪」の2店舗において、それぞれの名称を「京急EXホテル」へとリブランドします。これを皮切りに、従来のビジネスホテルからワンランク上の新たな業態「京急EXホテル」ブランドを展開し、「京急EXイン」とともに、多様化する宿泊ニーズの取り込みを積極的に進めていきます。2017年10月には「京急EXイン羽田」を開業。2019年春には「京急EXイン浜松町・大門駅前」、2020年春には「京急EXイン東京・日本橋(仮称)」を開業予定です。これにより、2020年には全館で3,000室を超える体制となります。今後も、都心部に加え、羽田空港への利便性に優れた国内主要都市を含め、2ブランドの新規出店を積極的に進めていきます。

沿線の魅力を向上させる事業の検討・推進

京急沿線の開発計画
日ノ出町駅~黄金町駅間高架下開発
日ノ出町・黄金町エリアにおいては、地域住民・行政・警察と連携し、高架下スペースを活用した「アートによるまちづくり」を推進してきました。2018年4月には新たに、複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ横浜日ノ出町)」をオープンしました。アメリカ発祥の“タイニーハウス(小さな住まい)”を宿泊施設として高架下を活用する日本初の「Tinys Hostel(タイニーズホステル)」、カフェラウンジ「TinysLiving Hub(タイニーズリビングハブ)」、更衣室やシャワーを完備した水上アクティビティ拠点「Paddlers+(パドラーズプラス)」で構成され、これまでの高架下のイメージにとらわれない魅力ある空間を創り出し、エリアのさらなる活性化を図っています
金沢八景駅前開発計画
駅前の新たなまちづくりとあわせた駅ビル開発京急線金沢八景駅では、金沢シーサイドラインの延伸にあわせた駅舎の橋上化を進めています。また、横浜市主導の周辺事業として、駅前広場やバスターミナルの整備を含む駅前の土地区画整理事業や東西自由通路の整備なども行われています。これらの駅前開発にあわせて、駅利用者や地域住民にとって利便性の高い、駅直結の新たな施設の建設を予定しています。