京急電鉄からのお知らせ

2019年02月14日

シェアハウス2物件オープン「ryougoku-share 天空の中庭」「Aliceのいえurawa」 

京急グループの株式会社Rバンク(本社:東京都渋谷区、社長:本多 利明、以下 Rバンク)は女性専用シェアハウス60、61棟目となる、「Aliceのいえurawa(ありすのいえうらわ)」と「ryougoku-share 天空の中庭(りょうごくしぇあてんくうのなかにわ)」のコーディネートを行い、シェアハウスをオープンいたします。

Aliceのいえurawa(ありすのいえうらわ)

昭和46年築の戸建をリノベーションしたプロジェクトです。スケルトン状態まで解体しつつ、極力既存の柱・梁・窓枠などは生かしながら再生しています。

立地は、JR各線が利用でき、便利な「浦和駅」より徒歩2分。アトレ北口改札から直通の蔦屋カフェを抜けて階段を登ると到着します。そのアプローチが、トンネルを抜けて別世界にたどり着いた不思議の国のアリスのようなことから、本物件のネーミングが決定いたしました。

エントランスのアプローチからグリーンが続く演出には温かさがあり、建物は白×水色×ナチュラルな木の色と、優しいテイストです。2階には女性建築家の名作であるうさぎチェアが出迎えます。「大人になっても、絵本を読んだ少女の頃をいつまでも思い出せる場所があったらいいなぁ」と、デザインした空間です。吹き抜けとキャットウォークの演出を是非ご覧ください。

ryougoku-share 天空の中庭

スターツデベロップメント株式会社(所在:東京都中央区日本橋)の新築賃貸マンションのうち、シェアハウスとして設計された9・10Fを「ryougoku-share 天空の中庭」と名付け、コーディネートを行いました。名称通り、各フロアの中心に屋上につながる中庭があり、9・10Fがつながる設計となっています。

屋上からはスカイツリーや、墨田川の花火が見える立地で、9Fは女性専用シェアハウス、10Fは男女兼用シェアハウスとなります。ターゲットによりキッチンや家具コンセプトを変え、変化を楽しむことが出来ます。

Rバンクでは、約10年のシェアハウス運営実績があるからこそ、入居者の目線でコーディネートすることが出来ます。また、他用途であった既存建築物を、コンバージョンにより付加価値を高める再生プロジェクトや、新しい集合住宅の提案をいたします。

「Aliceのいえurawa」について

場所

埼玉県さいたま市浦和区東仲町

  • 入居者のプライバシー保護のため、詳細の住所についてお申込みしていただいた方にのみお伝えいたします。

「ryougoku-share 天空の中庭」について

場所

東京都墨田区緑1丁目

  • 入居者のプライバシー保護のため、詳細の住所についてお申込みしていただいた方にのみお伝えいたします。

参考

Rバンクについて

所在地 東京都渋谷区渋谷3-8-12
代表 本多 利明
設立 2006年8月
内容 リノベーション事業・不動産仲介事業・損害保険事業・住空間に関わるコンサルティング事業・不動産全般に関るコンサルティングコーディネート事業他
URL http://www.r-bank.co.jp新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)
  • 2018年4月から京急電鉄の子会社となりました。

Rバンクのシェアハウス「Rシェア」について

Rバンクでは女性専用シェアハウスを柱に現在45棟の管理運営を行い、毎年平均稼働率90%超を実現しています。高い稼働率を保つことが出来るのは、『Rシェア』のブランド力に後押しされた「募集力」と良質な「管理」による入居期間の長さが決め手です。

実績を活かし、投資効率も視野に入れたコンサルティング、募集、管理をご提案いたします。

ページトップ