ニュースリリース

2019年08月27日

京急グループのホステル「plat hostel keikyu」2号店
「plat hostel keikyu asakusa station」9月4日(水)オープン予定
増加する訪日外国人旅行者をはじめ、女子旅やカップル・ご夫婦でのご利用など、多様化するニーズに応えてまいります

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)は、事業展開するホステルチェーンの2号店として、2019年9月4日(水)に東京都台東区において「plat hostel keikyu asakusa station」を開業いたします。

今回オープンする「plat hostel keikyu asakusa station」は、現在営業中のホステルを京急電鉄が取得し、「plat hostel keikyu」ブランドが目指す、女性も安心・安全・快適に宿泊できるホステルとしてリニューアル工事を行い、京急グループの株式会社Rバンク(本社:東京都渋谷区、社長:本多 利明、以下 Rバンク)がホステル名変更手続き、運営、建物管理を手掛けるものです。

同ホステルの出店地は、つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩4分、都営浅草線「浅草」駅から徒歩10分であり、都営浅草線浅草駅からは乗り換えなしで、羽田空港国際線ターミナル駅まで35分という交通利便性が大変優れている立地です。今後も大幅な増加が見込まれる訪日外国人需要だけでなく、女子旅やカップル・ご夫婦などでの利用など、多様化するお客さまの宿泊ニーズに応えるホステルを目指してまいります。

さらに、リニューアル工事では、ホステルを京急線の駅(station)のようにみたて、共用部に京急線沿線の魅力的な風景写真のポスターを展示することで、ホステルを起点に、横須賀・葉山・三浦へ送客することを目指します。また、コンセプトに合わせて家具の入れ替えや客室設備を追加するほか、女性などホステル利用が初めての方にも安心して宿泊していただけるよう、防犯カメラを設置し、セキュリティーサービスも導入いたします。

京急グループでは、今後も見込まれるホステル需要の拡大に備え、同事業を拡大していく予定です。

「plat hostel keikyu asakusa station」
客室イメージ

共用部に展示するポスターイメージ

「plat hostel keikyu asakusa station」について

名称

「plat hostel keikyu asakusa station」

ネーミングコンセプト

「asakusa」は地名、「station」は京急線の駅(station)の一つのようにみたて、到着する人と出発する人を温かく迎える・見送るホステルの意味を込めています。

開業日

2019年9月4日(水)

所在

東京都台東区西浅草2丁目17番11

アクセス

  • つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩4分
  • 東京メトロ銀座線「田原町」駅から徒歩5分
  • 都営浅草線「浅草」駅から徒歩10分

構造

  • 鉄骨造地上7階建
  • 延床面積 347㎡(105坪)

客室数

10部屋 58名収容

予約方法

各インターネット予約サイトにて掲載

参考

京急グループのホステル事業について

ホステルチェーン名称

「plat hostel keikyu」

ネーミングコンセプト

プラットホームの platと、“ぷらっと”気軽に利用できるホステルを目指します。「ここは終点ではなく、旅はまだ途中で、ほかの駅へと続いていく」という思いを込め、今後京急沿線に展開していくホステルとのつながりを表現しました。また、英語でもフランス語でも言葉として存在し,インバウンドのゲストにも親しみやすい名称です。

ホステル1号店

「plat hostel keikyu asakusa karin」

開業日 2019年3月22日(金)
所在 東京都墨田区東駒形2丁目11番2
アクセス 都営浅草線「浅草駅」より徒歩5分
「本所吾妻橋駅」より徒歩7分
構造
  • 木造地上3階建
  • 延床面積 303㎡(91坪)
客室数 23部屋 42名収容
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ