ニュースリリース

2019年04月08日

開放的な空間から横浜・みなとみらい地区の観光を!
「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」4月20日運行開始
2020年を前に訪日外国人を含む旅行者に横浜の魅力を感じていただきます

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:原田 一之、以下 京急電鉄)は、2019年4月20日(土)から横浜・みなとみらい地区の都心臨海部を周遊する2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS横浜」の運行を開始いたします。

これは、2017年度に横浜市が、横浜都心臨海部において「まちを楽しむ多彩な交通」の導入を進めていくことを目的に民間事業者へ提案企画の公募を実施し、その中で採択された企画の1つであり、京急電鉄としては、訪日外国人を含めた多くの来街者が、都心臨海部を回遊しながら景観を楽しめる交通サービスの実現を目的として実施するものです。

このバスは、2階席の屋根がなく開放的な空間と普段では味わえない高さ約3.5mから見る景観をとおして横浜・みなとみらい地区をお楽しみいただけます。

京急電鉄は、2019年秋に本社機能を品川・泉岳寺から横浜・みなとみらい地区に移転を予定しております。今後も横浜のみなさまに「京急」をより知っていただくとともに、同地区の新しい賑わいの創出や観光促進を行い、さらなる横浜・みなとみらい地区の盛り上げに努めてまいります。

運行開始する「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」(車両イメージ)

「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」運行開始について

運行開始日

2019年4月20日(土)

運行日

土・日・祝日のみ運行

  • 雨天・荒天時は運休となります。

旅客定員

各便42名

  • 4歳未満のお子さまはご乗車できません。

乗車料金(税込)

大人1,800円(小児・幼児900円)

「きらめきコース」から見るみなとみらいの夜景イメージ

運行ルート

【パノラマコース(往復コース)】横浜駅~大黒埠頭折り返しコース(所要時間:約80分)

主要観光スポットの間近を通るルートです。

横浜駅(YCAT)⇒ みなとみらい ⇒ 横浜ベイブリッジ ⇒ 山下公園 ⇒ 横浜駅(YCAT)

【きらめきコース(周遊コース)】横浜駅~臨海部周遊コース(所要時間:約60分)

横浜ならではの工場夜景やみなとみらい21地区の夜景がお楽しみいただけるルートです。

横浜駅(YCAT)⇒ みなとみらい ⇒ 横浜ベイブリッジ⇒ 工場夜景 ⇒ 横浜駅(YCAT)

運行便

運行時刻 所要時間 コース
第1便 11:00発 約80分
  • 【パノラマコース(往復コース)】
  • 横浜駅~大黒埠頭折り返しコース
第2便 13:00発
第3便 16:00発
第4便 18:30発 約60分
  • 【きらめきコース(周遊コース)】
  • 横浜駅~臨海部周遊コース

ご利用方法

事前予約
  • 「KEIKYU OPEN TOP BUS」特設サイトおよび京急高速バス座席センターで予約受付。
  • ご出発日の1ヶ月前の午前9:00からご利用便の出発15分前まで予約を承ります。
  • 「KEIKYU OPEN TOP BUS」特設サイト:https://www.keikyu.co.jp/information/otb/index.html
  • 京急高速バス座席センター:TEL.03-3743-0022
  • 4月8日(月)から予約販売を開始いたします。
当日発売 【京浜急行バス 横浜駅東口バスターミナル案内所】で乗車券購入
のりば
  • パノラマコース(往復コース)便 YCAT5番のりば
  • きらめきコース(周遊コース)便 YCAT6番のりば

車両デザイン

横浜の海や空を象徴する青をベースとして、横浜都心臨海部の施設・観光名所を車体にイラスト。2色トーンでスタイリッシュに整え、横浜ベイエリアの街並みに溶け込むデザインを採用。

その他

  • バスガイドが同乗し、運行ルートの見どころをご案内いたします。
  • 訪日外国人向けの「多言語音声ガイドシステム」等の導入を予定しております。
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ