京急電鉄からのお知らせ

2017年04月04日

新入社員による地域美化活動とたばこマナー啓発活動を行いました

【CSR活動】新入社員が地域美化活動とたばこマナー啓発
4月4日(火)京急グループ新入社員総勢280名で実施

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田一之)では、CSR活動の一環として、4月4日(火)に、2017年度に入社した京急グループ新入社員280名が、沿線自治体や町内会等の皆さまと一緒に品川駅・泉岳寺駅・京急蒲田駅の周辺において、地域美化活動とたばこマナー啓発活動を行いました。

これは新入社員研修の一環でもあり、入社間もない社員たちが沿線自治体や町内会等の皆さまと協力して地域貢献活動を行うことで、企業の社会的責任について考え、CSR活動に対して更なる意識向上を図ることを目的としており、当日は、品川駅周辺(新入社員116名)、泉岳寺駅周辺(新入社員67名)と、京急蒲田駅周辺(新入社員97名)の3班にわかれ、沿線自治体や町内会等の皆さまとともに、駅周辺のゴミ拾いを行いながら、たばこマナーの啓発を呼びかけました。


ページトップ