ニュースリリース

2018年10月05日

「KEIKYUアクセラレーター」の採択企業と協業
三浦半島の「山」の魅力をYAMAPアプリで提案!
11月17、18日モデルツアー「MIURA OUTDOOR EXPLORE」を実施!

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下京急電鉄)は、新規事業創出プログラム「KEIKYUアクセラレーター」の採択企業である株式会社ヤマップ(本社:福岡県福岡市、代表:春山 慶彦、以下ヤマップ)と連携し、同社が登山・アウトドア愛好家向けに提供するオフラインで使えるGPSアプリ「YAMAP」を活用し、三浦半島の山の魅力の発信を進めます。

このたび、京急電鉄とヤマップが共同で製作した「三浦アルプス」、「大楠山・三浦富士」の2コースのマップを特設ウェブサイトおよびYAMAPアプリ上で配信し、京急グループの電車、施設とYAMAPアプリを使った新しい山歩きプランを提案します。 今回提案するコースは、東京湾と相模湾に囲まれる三浦半島を横断し、緑の中から富士山も望める自然豊かなコースです。三浦半島は降雪が少なく、上級者は冬のトレーニング、初心者は初めてのトレッキングとして、三浦半島の自然を満喫できます。

また、今回発表したコースを舞台に、11月17日(土)、18日(日)に15組30名限定でモデルツアー「MIURA OUTDOOR EXPLORE」を1泊2日で実施いたします。山のプロであるヤマップによるサポートで今回の2コースを踏破するほか、本格オフロードスポーツ電動アシスト自転車 ヤマハ「YPJ-XC」の試乗体験や、焚き火ラウンジの開催など豊富な体験プログラムで、特別なアウトドア体験を演出いたします。

さらに、イベント後も、観音崎京急ホテルと葉山マリーナでは、今回の2コースとも踏破された方に京急電鉄とヤマップのコラボレーションを記念して作られたピンバッジを贈呈いたします。

今回の事業を通し、三浦半島の『海』だけでない『山』の魅力を紹介することで、三浦半島エリアの観光活性化に取り組んでまいります。

コースマップイメージ

アプリイメージ

イベントイメージ

特設ウェブサイトについて

特設ウェブサイト「MIURA ALPS PROJECT」
(2018年10月5日(金)17:00開設・販売開始予定)

URL:https://cp.yamap.com/keikyu/新しいウィンドウで開く

特設ウェブサイトおよび「YAMAP」にて今回提案するコースについて

三浦アルプス縦走コース

  1. 観音崎京急ホテル
  2. 京急線京急田浦駅
  3. 三浦アルプス縦走
  4. 葉山マリーナ

大楠山・三浦富士ロングトレイルコース

  1. 葉山マリーナ
  2. 前田橋
  3. 大楠山~三浦富士ロングトレイル
  4. 京急線京急長沢駅
  5. 観音崎京急ホテル

2コース踏破記念ピンバッジ

今回提案の2コースとも踏破された方に、京急電鉄とヤマップのコラボレーション記念ピンバッジを贈呈いたします。
お渡し箇所:観音崎京急ホテル、葉山マリーナ

  • 条件など詳細は特設ウェブサイト「MIURA ALPS PROJECT」をご覧ください。

モデルツアー「MIURA OUTDOOR EXPLORE」について

イベント名称

「MIURA OUTDOOR EXPLORE」

日程

2018年11月17日(土)から18日(日)※雨天中止

コース

1日目 <大楠山・三浦富士ロングトレイルコース>

午前 葉山マリーナ集合
トレッキング開始
大楠山~三浦富士ロングトレイル
昼食(山中)
夕方 観音崎京急ホテルチェックイン・夕食・入浴
ホテル内特設焚き火ラウンジにて懇親会、テントサウナ体験

2日目 <三浦アルプス縦走コース>

早朝 観音崎京急ホテルにて朝ヨガ・ヤマハ スポーツ電動アシスト自転車「YPJ-XC」試乗体験(希望者)
午前 観音崎京急ホテルにて朝食・チェックアウト
トレッキング開始
三浦アルプス縦走
昼食(山中)
夕方 葉山マリーナにてサンセットバーベキュー、解散

申し込み方法

特設ウェブサイト「MIURA ALPS PROJECT」からの予約販売

URL:https://cp.yamap.com/keikyu/新しいウィンドウで開く

募集人数

15組30名様

販売価格

19,800円/人(税別)

  • 含まれるもの:観音崎京急ホテル夕朝食付きツインルーム宿泊、2日間の昼食、その他イベント内コンテンツ
  • 2名様単位でのお申し込み

参考

株式会社ヤマップについて
  1. 創立年月:
    2013年7月18日
  2. 資本金:
    13億7325万1460円
  3. 本店所在地:
    福岡県福岡市博多区綱場町 2-2福岡第一ビル 6階
  4. 事業内容:
    登山アウトドア向け WEB サービス・スマートフォンアプリ「YAMAP」の開発・運営、自然愛好者向けオウンドメディア「.HYAKKEI」運営、山岳保険「YAMAP アウトドア保険」販売
「YAMAP」アプリについて
  1. 概要:
    電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPSで現在地と登山ルートがわかる、“安心安全“の登山アプリ。山行の軌跡や写真が活動記録として日々投稿されているため、山の情報収集に活用、全国の登山好きと交流できる、日本最大級の登山・アウトドアプラットフォーム。
  2. 会員数:
    約100万人
  3. 対応OS:
    iOS、Android
三浦アルプスについて

都心から近く、標高が200m前後の低い山々が三浦半島を横断するように連なる三浦アルプスは、適度な難易度の山道が続き、トレッキング初心者から上級者まで楽しむことができます。また、富士山や相模湾、江ノ島などを望む景観も魅力のひとつです。

大楠山・三浦富士について

三浦半島最高峰(242m)の大楠山の山頂からは半島を見渡せるのはもちろん、伊豆半島、富士山、箱根連山、伊豆大島、房総半島と360度のパノラマが広がります。 また三浦富士は高い山ではないものの、山頂からは大楠山と同じく相模湾から東京湾までを一望できます。

ヤマハ「YPJ-XC」について

新感覚の走りと楽しみ方を提案するスポーツ電動アシスト自転車「YPJ」シリーズの本格オフロードモデル。ヤマハならではのパワフルかつ滑らかで、乗り手のペダル入力に素早く反応するハイレスポンスなアシストフィーリングや、本格MTB車体によりE-MTBの走りを最大限に楽しめる高い走行性能を実現しています。
[ヤマハ発動機株式会社の京急との取り組み実績]
神奈川県三浦市で京急電鉄、三浦市など官民5者で運営する「みうらレンタサイクル運営協議会」に2018年5月に加入、同協議会が推進中の事業「みうらレンタサイクル」をサポート、自転車による新たな三浦観光の過ごし方を提案しています。

「KEIKYUアクセラレーター」プログラムについて

「次の120年に羽ばたくイノベーション」をキーワードに、2018年2月に創立120年を迎えた京急電鉄とベンチャー企業が力を合わせ、京急沿線の暮らしとその先にある未来を豊かにする新規事業の創出を目指すものです。

2017年10月から募集を開始し、厳正なる書類・面談選考・ピッチコンテストを経て、「優秀賞」5社と「アライアンス賞」2社の計7社を採択しました。

採択された7社とは、4月から7月までの4ヶ月間のアクセラレーター(事業創出支援)期間を通じて、京急グループの持つリソース、社内外の専門家の知見を活かしながら、事業プランの深度化や製品・サービスの社会実装を進めてまいりました。

また、7月23日(月)に行われた成果発表会(デモデイ)では、株式会社ヤマップは特別賞に選ばれました。

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ