ニュースリリース

2018年05月09日

2018年度 鉄道事業設備投資計画
安全対策関連など 総額約236億円

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)では、中長期的視点から安全対策投資を継続的に実施しており、2018年度は、鉄道事業において、総額約236億円(うち安全対策設備投資は約214億円)の設備投資を行います。

主な内容としては、高架橋や盛土の耐震補強工事や法面防護などの防災・地震対策を継続して進めるほか、一部の駅で運行管理支援システムを導入します。

また、お客さまのホームからの転落や列車との接触を防止するためのホームドアを設置することや、ホームドア設置の阻害要因となっている4ドア車両の廃車を前倒し、車両の新造を実施します。そのほか、ホーム上家延伸などの駅の改良工事や大師線連続立体交差事業(第1期)工事等についても引き続き実施いたします。

鉄道駅総合改善事業(金沢八景駅・新駅舎)

ホームドア(羽田空港国際線ターミナル駅)

新造車両(新1000形)

大師線連続立体交差事業(第1期)

設備投資計画の詳細について

安全対策関連  約214億円

防災・地震対策  約9億円

防災・地震対策強化のため、高架橋・盛土の耐震補強工事のほか、法面防護・トンネル補修・橋梁補修・浸水対策を行います。

新造車両と車両更新  約69億円

安全・快適にご利用いただけるよう、新型車両「新1000形」を新造し、また、既存車両の更新・改造を行います。

車両の新造 新1000形 42両
車両の更新 新1000形 8両

変電所・電気保安設備などの電気施設の更新・改良   約31億円

変電設備の更新をはじめ、列車無線の改良により保安度の向上をさせるなど、電力・信号・通信など諸設備の更新、改良を行います。

駅改良工事(耐震補強含む)   約40億円

さらなる利便性を向上させるため、ホーム上家延伸やエレベーター・エスカレーター更新を行うほか、駅舎・ホームの改修・改築を行い、安全性向上を図ります。

ホーム上家延伸 対象駅:黄金町駅、追浜駅
ホーム上家改修 対象駅:八丁畷駅、鶴見市場駅、日ノ出町駅
エレベーター更新 対象駅:羽田空港国内線ターミナル駅
エスカレーター更新 対象駅:大森海岸駅、生麦駅、新逗子駅、三崎口駅
駅舎改築 対象駅:京急長沢駅、三浦海岸駅
ホーム改修 対象駅:井土ヶ谷駅、杉田駅、金沢八景駅

連続立体交差化工事  約5億円

大師線連続立体交差事業(第1期)工事は、暫定整備区間として東門前駅~小島新田駅間の地下化工事を引き続き進めてまいります。

その他安全対策  約60億円

ホームドア、運行管理支援システム、工場、検車庫の改良・改修、ほか

ホームドア設置 対象駅:京急蒲田駅、京急川崎駅、横浜駅、上大岡駅、羽田空港国内線ターミナル駅

  • 国や地方自治体との共同事業も上記の中には含まれておりますが、金額標記は当社負担分です。

その他  約22億円

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ