ニュースリリース

2018年03月14日

株式会社Rバンクの株式取得(子会社化)に関するお知らせ
リノベーション事業やシェアハウス事業を強化します。

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)は、2018年3月14日開催の取締役会において、株式会社Rバンク(本社:東京都渋谷区、社長:森村 泰明、以下 Rバンク)の株式の一部取得に関する契約を締結し、Rバンクを子会社化することについて決議いたしましたので、お知らせいたします。

株式取得の目的

人口減少、空き家問題など事業環境の変化が起こる中、京急電鉄は、2016年5月に「京急グループ総合経営計画」を策定し、人口減少社会に立ち向かう事業構造を目指しております。また、「品川・羽田を玄関口として、国内外の多くの人々が集う、豊かな沿線を実現する」という長期ビジョン実現に向けた最初のステップとして「中期経営計画(2016~2020年度)」を推進しています。

「中期経営計画」では、事業戦略の重点テーマの一つとして「賃貸事業・マンション分譲事業の戦略的展開」を掲げており、販売のみならず、管理、リノベーションおよびリフォーム事業等を強化しております。

そのような中、リノベーション事業やシェアハウス運営事業を展開するRバンクへの資本参加について検討を進めてまいりましたが、今般株式を取得し子会社化することといたしました。

Rバンクは、女性の社会的進出などの社会情勢を鑑み、「yokohama 花月園倶楽部」をはじめとした、女性向けシェアハウス事業や、 元女子寮を一棟丸ごとリノベーションした「東京シェア+」などのリノベーション事業などを主に展開しております。

今回の株式取得により、人材交流などを通じて、同社との連携を加速し、当社グループにはないビジネスモデルを確立させるなど、相乗効果を最大限に発揮させていくとともに、京急グループとして、リノベーション事業および不動産に関するコンサルティング事業の強化による沿線活性化を実現してまいります。

スケジュール

取締役会決議日 2018年3月14日(水)
株式譲渡契約締結日 2018年3月14日(水)
株式譲渡実行日 2018年4月2日(月)

Rバンクの概要

商号 株式会社Rバンク
所在地 東京都渋谷区渋谷3丁目8番12号
代表者 代表取締役 森村 泰明
設立 2006年8月
資本金 20,000千円
事業内容 リノベーション、シェアハウス運営・企画、不動産仲介・管理
売上高 145,538千円(平成27年8月1日~平成28年7月31日)
従業者数 16名(パートタイマー含)

株式取得の内容

全株式2,000株のうち1,575株(78.75%)

  • 取得価額につきましては非公表とさせていただきます。

今後の見通し

本株式取得により、Rバンクは京急電鉄の連結子会社となりますが、2019年3月期の決算(単体・連結)に与える影響は軽微です。

参考

Rバンクの主要実績

東京シェア+(シェアハウス)

女性専用41戸のリノベーション物件。共用部として、約40帖のラウンジスペース、菜園、サロンスペース、カフェキッチン、テラス等、生活に彩りを加える施設を設けています。特技や趣味を共用したい、コミュニティを楽しみたい方にお勧めです。

yokohama花月園倶楽部(シェアハウス)

34人で暮らすシェアハウスです。広々とした屋上やリビングとウッドデッキが繋がる開放感のあるシェアハウスです。

la femme西永福(シェアハウス)

築45年の木造建築をリノベーションしたシェアハウス。東京の都心で、木の温もりに囲まれ、小鳥や蝶、植物等、四季を感じる暮らしを満喫できます。

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ