ニュースリリース

2017年08月21日

「2100形」車両をイメージしたバスが三浦半島を走る!
2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」導入

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:原田 一之、以下 京急電鉄)では、三浦半島を走る2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」を今秋に運行開始いたします。

このバスは、2階席の屋根がなく開放的な空間で、約3.5mの高さから雄大な空や海、大根畑など三浦半島ならではの美しい景色を見晴らすことができ、オープントップバスでしか味わえない風景や風、香りをお楽しみいただけるバスとなっております。

バス車両は、当社のウィング号などで使用しているオールクロスシート電車の「2100形」をイメージした車体に当社マスコットキャラクター「けいきゅん」の顔を前面にデザインしております。

2階席の床や壁、座席などは「2100形」をイメージしたカラーリングになっており、1階席は「2100形」で実際に使用されているクロスシートの生地を座席に使用しております。

また、ナンバープレートは、モデルの車両となった「2100形」にちなんで「21-00」としているほか2019年に開催される、ラグビーワールドカップを記念して交付されている、記念ナンバープレートのデザインを採用しております。

京急電鉄では「KEIKYU OPEN TOP BUS」の運行を通して、更なる三浦半島の魅力を発信してまいります。

「KEIKYU OPEN TOP BUS」について

車両概要

「KEIKYU OPEN TOP BUS」前面外装

車種

三菱ふそう エアロキング

旅客定員

2階席42名

全長

11.99m

外装デザイン

  • 当社車両「2100形」をイメージしたカラーリング
  • 当社マスコットキャラクター「けいきゅん」の顔を前面にデザイン
  • 2019年に開催されるラクビーワールドカップ記念ナンバープレートを採用しナンバーは当社車両「2100形」にちなんだ「21-00」を採用
  • 屋根のシートは当社車両「2100形」の屋根色類似カラーを採用。

バスのモデル車両「2100形」

京急電鉄マスコットキャラクター
「けいきゅん」

ナンバープレート 21-00

内装デザイン

  • 2階席は当社車両「2100形」の壁や床の類似カラーを採用し、座席も「2100形」をイメージしたカラーリングに変更。また、快適に乗車いただけるよう座席のクッション性を高め、シートピッチ780mmを確保。
  • 1階席は当社車両「2100形」に実際に使用されているクロスシートの生地や、カーテンを採用し、窓下の壁や床も類似カラーを採用。
    • 1階席については補助席となります。基本的には2階席にご案内させていただき、ご乗車いただきます。
  • 当社車両「2100形」と同様の車号銘版デザインを採用。

【2階席】屋根がなく開放的座席

【2階席】広々快適なシート間

【1階席】「2100形」クロスシート採用

車両外観

運行について

  • 「KEIKYU OPEN TOP BUS」の運行は、今秋を予定しております。
  • 三浦半島を熟知したバスガイドが見どころをご案内いたします。
  • 運行の詳細については9月下旬頃発表を予定しております。
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ