羽田空港国際線ターミナル駅に錯覚を利用したユニークなスポットが誕生

案内サインが浮き上がるとともに床面に穴が空いている錯覚に陥る「錯視サイン」を、コンコース床面に設置。エレベーターへの誘導案内を行い、エスカレーターからの手荷物落下による事故の防止を図ります。

  • トリックビジョン®は株式会社ピアニジュウイチの登録商標です。

世界的な錯視研究の第一人者であり、テレビ番組等のメディアでもお馴染みの明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)所長 杉原厚吉特任教授の錯視作品“不可能立体作品”を期間限定で紹介いたします。

杉原厚吉(すぎはらこうきち)

明治大学 研究・知財戦略機構先端数理科学インスティテュート 特任教授、工学博士、同インスティテュート所長。1973年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、電子技術総合研究所、名古屋大学、東京大学などを経て、2009年4月より現職。専門は数理工学。
ロボットの目を開発する研究の中で、不可能図形のだまし絵を立体化する手法を見つけ、立体錯視の分野へも研究を広げてきた。さまざまな不可能立体を創作し、立体錯視アーティストとしても活躍している。国際ベスト錯覚コンテスト優勝3回(2010年、2013年、2018年)、準優勝2回(2015年、 2016年)。

杉原先生インタビュー

錯視作品

飛び出す!赤い電車とけいきゅん

京急電鉄の車両が壁から飛び出す写真撮影スポットを設置いたします。

  • トリックビジョン®は株式会社ピアニジュウイチの登録商標です。

設置期間:2019年1月28日(月)
※ 錯視作品展のみ2019年5月6日(月・祝)までの限定開催

羽田空港国際線ターミナル駅2階 改札内コンコース(EV付近)

ページトップ