今から約1400年前の浅草寺の創建に寄与した、当時の郷氏と漁師の兄弟合わせて三柱の神様を祀り、「三社様」として親しまれている。5月の三社祭は全国的にも有名。

東京都台東区浅草2丁目3-1
https://www.asakusajinja.jp/asakusajinja/新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

平安中期の武将、源義家が奥州征伐の際にこの地で休憩をした。その際、隅田川の上流から流れ来た銀杏の枝を挿して先勝祈願し、八幡神を勧請したと言い伝えられている。

東京都台東区浅草橋1丁目29-11
https://www.facebook.com/ichogaoka.hachimanjinja/新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

羽田空港を含む羽田全域の氏神様。航空会社・航空関係者からの崇拝が厚く、年間を通し航空安全祈願の参詣がある。パイロット・CAの合格を祈念した絵馬奉納が多い。

東京都大田区本羽田3丁目9-12
https://www.hanedajinja.com/index.htm新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

稲毛神社のご神徳は「勝」と「和」。8月の例祭「川崎山王祭」、お正月の「有名人慈善絵馬展」、ご神木・大銀杏が有名。

神奈川県川崎市川崎区宮本町7-7
https://www.facebook.com/inagejinja/新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

大師河原開拓時に祀られた大師河原総鎮守。境内を出発した神輿が川崎大師平間寺へお山入りする連合渡御は神仏習合の名残の珍しい行事。境内社にかなまら祭で知られる金山神社がある。

神奈川県川崎市川崎区大師駅前2丁目13-16
https://www.facebook.com/wakamiyasama/新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

『関東のお伊勢さま』と親しまれ、横浜総鎮守とされている。横浜が開港される際、人々の心を1つにし、日本の国柄を胸に刻み、国家の鎮護を目的に明治初年に創建された。

神奈川県横浜市西区宮崎町64
http://www.iseyama.jp/新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

鎌倉の開幕にあたり源頼朝が、摂津の西宮の末社を幕府の鬼門除けとして祀った。八幡宮の山が応長の大津波から村を守った事から「波除け八幡」と呼ばれ深川八幡の本宮として知られる。

神奈川県横浜市金沢区富岡東4丁目5-41
http://www.tomioka80000goo.org/新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

洲崎と瀬戸の間は潮の干満時に急流が渦を巻く難所で、古代人がここに海神を祀ったのが起原。治承4年源頼朝が伊豆三島明神を遷祀してより六浦港の守り神として尊信を集める。

神奈川県横浜市金沢区瀬戸18-14
http://www.setojinja.or.jp/ 新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

治承4年(1180)、源頼朝公により鎌倉に近い葉山の景勝地に創建され、幕府に災厄があると、七瀬祓いと呼ばれるお祓いを行う為の霊所として重要な地であった。

神奈川県三浦郡葉山町堀内1025
http://www.moritojinja.jp/index.html新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

養和元年(1181)神護寺の文覚上人が源氏の再興を祈願して京都の石清水八幡を勧請し創建され平家滅亡によって願いが叶えられ、「叶大明神」の称号が与えられた。

神奈川県横須賀市西浦賀1丁目1-13
http://kanoujinja.p1.bindsite.jp/新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

養和元年(1181)京都神護寺の僧文覚が源家の再興を願い石清水八幡宮を勧請、文治2年(1186)に源頼朝公が源家再興願意成就の意を込め神号を改め叶大明神と尊称されたと伝わる。

神奈川県横須賀市東浦賀2丁目21-25
http://jinjya.net新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

三浦半島の総鎮守として平安時代に創建。境内には源頼朝、手植えの龍神様の形をした御神木等がある。

神奈川県三浦市三崎4丁目12-11
http://kainan.server-shared.com/ 新しいウィンドウで開く(外部サイトへリンクします)

ページトップ