八丁畷駅

八丁畷駅 普通が止まります 前の駅へ 次の駅へ

時刻表

本線:上り
本線:下り

駅設備

八丁畷駅の設備図です
八丁畷駅の設備図にあるアイコンの説明です
八丁畷駅に設置されているバリアフリーの説明です
  • エスカル:車椅子用階段昇降機
  • 定期券は全駅(泉岳寺駅を除く)の自動券売機で購入できます。

乗換・運賃案内

この駅からの運賃一覧PDF

駅の概要

大正5年12月25日、八丁畷駅として開業。その後、昭和5年3月25日には、南武鉄道(のちに国有鉄道)との共同駅となった。駅名の由来は、開業当時の地名から名付けられたもの。同駅付近は江戸時代、川崎宿(現在の小川町付近)から市場村まで、たんぼ道がまっすぐ八丁(約800m)ほど続いていたので八丁畷と呼ばれていた。昭和49年10月28日には構内通路が廃止され、上り線利用乗降旅客は、国鉄南武線のこ線橋を使用することにより、一層安全が確保された。また、昭和56年12月にホーム延伸工事が完成し、六両編成列車が停車可能になり、さらに平成元年11月26日には、駅舎の改良工事も完成し現在に至っている。

【所在地】川崎市川崎区池田1-6-1

ページトップ