京急川崎駅

京急川崎駅 普通、エアポート急行、特急、快特が止まります 前の駅へ 次の駅へ

時刻表

本線:上り
本線:下り
大師線:下り

駅設備

京急川崎駅の設備図です
京急川崎駅の設備図にあるアイコンの説明です
京急川崎駅に設置されているバリアフリーの説明です
  • エスカル:車椅子用階段昇降機
  • 定期券は全駅(泉岳寺駅を除く)の自動券売機で購入できます。

乗換・運賃案内

この駅からの運賃一覧PDF

駅の概要

明治35年9月1日、六郷橋~川崎間を延長し開業した。当初の駅名は「川崎」であったが、大正14年11月、「京浜川崎」と改称し、さらに昭和62年6月1日、現在の「京急川崎」となった。京急川崎が始発駅である大師線は、当社の前身である大師電気鉄道(株)が明治32年1月、六郷橋~大師間を開通したが約3年半後に川崎まで延長し、昭和19年6月に川崎大師~産業道路間を、さらに昭和19年10月、産業道路~入江崎間、翌20年1月、入江崎~桜本間を開業した。しかし昭和26年3月、桜本~塩浜間を、同39年3月、小島新田~塩浜間をそれぞれ休止し、現在の路線となっている。昭和30年6月、当社初の乗車券自動販売機を品川と京浜川崎に設置した。また、乗車券センターを同47年6月にオープンした。駅付近の連続立体化工事と駅の改良工事は、昭和41年12月10日に完成し、本線は高架線となり、大師線も新ホームの使用を開始し現在に至っている。

【所在地】川崎市川崎区砂子1-3-1

ページトップ