京急電鉄からのお知らせ

2017年12月08日

地元4駅長が沿線病院の小児病棟を訪問しました

【CSR活動】東邦大学医療センター大森病院小児病棟にて交流会を実施

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田一之)では、CSR活動の一環として、12月7日(木)に、品川駅長・平和島駅長・京急蒲田駅長・羽田空港国内線ターミナル駅長の4名が東邦大学医療センター大森病院の小児病棟を訪問し、入院中の子供たちとの交流会を実施しました。

交流会では、小児病棟プレイルームでの〇×クイズやフォトフレーム製作、京急電鉄の制服を着用しての写真撮影を実施し、最後は一人ひとりにプレゼントを贈呈するなど、病気と闘う子供たちと和やかで楽しいひと時を過ごしました。


ページトップ