おすすめ情報

2015年11月02日

羽田空港国際線ターミナル駅 開業5周年~羽田も世界も京急で~

駅ナカ施設免税店舗 各社トップのメッセージ

京浜急行電鉄株式会社 取締役社長 原田 一之

10月21日、羽田空港国際線ターミナルビルとともに、京急線羽田空港国際線ターミナル駅も開業5周年を迎えました。
当社は、この5年間、羽田空港国際線ターミナルの機能を担う一員として、空港アクセスを担当。
一方で、空港利用者の皆さまに、様々なサービスの提供を行ってまいりました。

このたび駅ナカの商業施設が、京急グループが展開するショッピングセンター『ウィング』の姉妹ブランド、『ウィングエアポート』として新しく生まれ変わりました。羽田空港国際線ターミナルをご利用されるお客さまにとって、ますます利便性の高い施設となりますよう頑張ってまいります。
京急線羽田空港国際線ターミナル駅における定番スポットとして、国内外のお客さまに認知いただきたいと思います。

出店中のセブン-イレブン様のほか、今回出店いただいたマツモトキヨシ様、ラオックス様の各社は、これまで免税販売などに積極的に取り組み、訪日外国人をおもてなしするという意味において、わが国を代表する企業の皆さまです。
こうした各社とともに、今回『ウィングエアポート羽田』を運営できることは大変光栄なことであり、今後、共同で日本の玄関口として羽田空港を盛りあげてまいりたいと考えております。

私たち、京急グループは、「品川・羽田を玄関口として、国内外の多くの人々が集う、豊かな沿線」を目指しております。特に羽田空港は、京急グループにとって最も重要な戦略拠点であります。

京急は日本の玄関口である羽田空港のアクセスを担う企業グループとして、ふさわしいサービスを実現してまいります。

株式会社セブンーイレブン・ジャパン 代表取締役社長 井阪 隆一氏

セブン-イレブンでは、「免税サービス」を現在約1,000店舗で実施しており、約3,000店舗まで順次拡大する予定です。
また、多言語に対応し、海外カードサービスにも対応した「セブン銀行ATM」や、外国人旅行客の方のニーズが非常に高い無料Wi-Fiの「セブンスポット」もご利用いただけるなど、外国人のお客様にも大変ご好評をいただいております。
これからも「近くて便利」なお店づくりを進め、総合的なインバウンド対応を実現してまいります。

株式会社マツモトキヨシホールディングス 代表取締役社長 松本 清雄氏

マツモトキヨシグループは、全国の主要都市や観光地などにインバウンドにご対応した店舗があり、化粧品やサプリメントなど人気の商品を豊富に取りそろえ、外国人観光客の皆さまに多数ご来店、ご利用いただいております。
日本は風光明媚な名勝・景勝地が多く、今後も多くの方々をお迎えできる自然環境が整っています。
当社グループは、観光立国を目指す国の政策に共鳴し、免税対応店舗の拡大など小売業の立場で貢献してまいります。

ラオックス株式会社 代表取締役 羅 怡文氏

当社は、空の玄関口である羽田空港に「ラオックス羽田国際空港店」を新規出店いたしました。
空港という立地を存分に活かし、お客様の動向をいち早くキャッチすることでお客様ニーズに幅広くお応えいたします。
また、帰国直前も満足度の高いショッピングを体験していただくことで「日本にまた行きたい!」というお客様を増やすことが当社の使命と考えております。
当社は、日本の良い物を海外のお客様へ紹介しショッピングを通じて日本を満足してもらうことにより、日本のインバウンドマーケットの興隆に尽力してまいります。

ページトップ