エリア戦略の重点テーマ

品川を筆頭に駅周辺を核とする街づくりの推進

ページトップ

品川駅周辺での事業展開

品川駅のアクセスの利便性

品川駅高輪口周辺

京急グループは、品川駅周辺に約60,000㎡の土地を保有しており、「品川駅」や「SHINAGAWA GOOS」をはじめ、ホテル・オフィス・商業施設など様々な事業を展開しています。

ホテル事業

  • 京急EXイン 品川駅前/高輪
    高輪口から徒歩3分、2館あわせて1,000室以上の客室数を誇ります。
  • 京急EXイン 品川・泉岳寺駅前
    2016年6月、都心や羽田空港アクセスに便利な京急線・都営浅草線泉岳寺駅前にオープン。

不動産賃貸事業

  • SHINAGAWA GOOS
    「京急EXイン 品川駅前」を中心とした、レストラン・ショップ・カンファレンス・ウェディングなど複数の施設を擁する複合施設。
  • オフィスビル
    羽田空港や都心へのアクセスの良い品川駅周辺に7棟の賃貸オフィスビルを保有・運営しています。

流通事業

  • ウィング高輪EAST・WEST
    ファッションからレストラン&カフェ、フードまで、毎日の暮らしを彩るショッピングスポット。

京急品川駅および周辺の開発

品川駅周辺の発展を担う事業者として、国際交流拠点化に向けた開発事業を推進します。
品川駅街区地区については、土地区画整理の手法を活用し、2019年度の着手を目指します。

品川駅周辺開発事業 開発スケジュールイメージ

京急品川駅の地平化(2面4線)

京急品川駅の地平化(2面4線イメージ)

品川駅は、利用客の利便性向上を図るため、現在高架上にある2面3線のホームをJR東日本のホームと同じレベルに配置し、あわせて2面4線化による空港アクセス向上を検討しています。
品川駅を地平化することで、品川駅東口から東西自由通路を延伸させて国道15号を越えて西口地区と繋ぐ、歩行者ネットワークを構築することが可能となり、乗り換えの利便性や安全性が向上した魅力的な駅への再編を検討しています。

品川第一踏切道を含む3か所の踏切解消

京急品川駅の南方にある品川第一踏切道を含む3か所の踏切は、現在京急本線で都内に残る最後の踏切です。
鉄道輸送の安全性の向上を図るだけではなく、品川駅南側の道路交通を円滑にして地域の東西連絡性を強化・改善させるべく、この踏切の解消を検討しています。

「西口地区」の開発

SHINAGAWA GOOSのある西口地区においては、既存のホテル・コンベンション機能や、緑・地形などを活かした、国際交流拠点を目指したオフィス・商業・住宅・交流・観光など、様々な魅力を持ったエリア開発に取り組みます。

「駅街区地区」の開発

京急品川駅のある駅街区においては、リニア中央新幹線や羽田空港アクセスなどの交通結節機能を活かし、駅前が「品川の顔」となるような駅・まちの一体型の開発を目指します。

羽田における基盤強化の推進

ページトップ

羽田空港における航空旅客数の増加

羽田空港は、国内49空港、世界18か国・地域の26都市29空港とネットワークを形成しており、2015年度の国際線・国内線をあわせた年間航空旅客数は、過去最高を記録しました。
2016年10月末には昼間時間帯にニューヨーク直行便など北米線の就航が予定されているほか、2020年までに飛行ルートを変更することで、国際線の発着回数を年3.9万回増やすことが検討されており、今後もさらなる旅客数の増加が見込まれます。

羽田空港 航空旅客数

拡大する京急線需要

航空旅客数の増加や、ダイヤ改正で羽田空港アクセスを向上させたことにより、2015年度駅別1日平均乗降人員では、国際線ターミナル駅が20,468人(前年比10.6%増)、国内線ターミナル駅が83,431人(前年比3.0%増)を記録し、国際線・国内線ターミナル駅の合計では、103,899人(前年比4.4%増)を記録しました。

京急線羽田空港国際線・国内線ターミナル駅 1日平均乗降人員

羽田空港アクセスを担う

羽田空港周辺エリアにおいて事業を拡大

羽田空港周辺で、ホテルや商業施設など様々な施設を運営しており、2015年10月には羽田空港国際線ターミナル駅構内に免税サービス実施店舗を誘致した商業ゾーン「ウィングエアポート羽田」を開業しました。
また、羽田空港へのアクセスに優れたビジネスホテル事業を展開しています。
2017年度には天空橋駅付近に、300室以上の客室を備える「京急EXイン 羽田(仮称)」の開業を予定するなど、羽田空港周辺エリアにおいて、積極的な投資を推進し、羽田空港需要を余すところなく取り込んでいきます。

都市近郊リゾート三浦の創生

ページトップ

三浦半島は都心部の近郊に位置しながら、美しい自然に囲まれています。
京急グループでは、鉄道・バス・タクシーなど三浦半島の交通網の連携強化を図るほか、展開しているリゾートホテルから水族館、ヨットハーバーまで様々な事業を通じて、観光の活性化などを推進します。

ホテル・レジャー施設
観音崎京急ホテル・SPASSO、ホテル京急油壺観潮荘、城ヶ島京急ホテル
葉山マリーナ、京急油壺マリンパーク、油壺京急マリーナ

おトクなきっぷ
みさきまぐろきっぷ、三浦半島1DAYきっぷ・2DAYきっぷ、よこすかグルメきっぷ、葉山女子旅きっぷ

地元自治体と協力した認知度向上への取り組み

ミシュラン・グリーンライナー運行

三浦半島エリアはフランスのタイヤメーカー、ミシュランが発行する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」において、エリア内各地の観光地が紹介されています。
これにあわせ、三浦半島エリアが紹介されていることを訪日外国人にPRする「ミシュラン・グリーンライナー」を運行しています。

三崎口駅前観光案内所

2015年7月、三浦市観光協会運営のもと、三崎口駅前にオープンしました。
「城ヶ島」や「小網代の森」の観光案内など、三浦半島の観光情報を発信しています。

サイクリストの積極的な誘致

三浦半島の4市1町で構成される三浦半島サミットで「自転車半島宣言」が表明されるなど、三浦半島では近年サイクリストの誘致活動が積極的に行われています。
これにあわせ、三崎口駅前のレンタサイクルポートの設置や、イベント列車「京急サイクルトレイン」の運行を実施しました。

地域とともに歩む

ページトップ

都心から横浜・三浦半島まで地域ごとに様々な魅力があふれる京急沿線。
京急グループでは、地域の特性や市場動向を捉え、事業展開に活かすことで、これまで以上に地域との連携を強め、お客さまが求めるサービス・商品を提供していきます。

沿線の魅力を向上させる事業の検討・推進

京急沿線の開発計画

ウィングキッチン
コミュニティ型商業施設ブランドが誕生
「ウィングキッチン」は、“地域に溶け込むコミュニティプレイス”をコンセプトに、食物販を中心としたライフスタイルに密着したショップを揃えた、新たなコミュニティ型商業施設ブランドです。
その第1号店となる「ウィングキッチン京急蒲田」を皮切りに、今後は沿線を中心に拡大展開していきます。

京急川崎駅前ビル
発展著しい川崎エリアの新たな玄関口
2016年4月、京急川崎駅直結12階建ての複合型ビルが誕生しました。同ビル内に商業施設「ウィング川崎」、ビジネスホテル「京急EXイン 京急川崎駅前」のほか、6月には「京急キッズランド京急川崎保育園」も開園しました。

京急グループ本社ビル(仮称)
京急沿線の中央に位置する横浜に新たな京急グループ本社ビル(仮称)を建設
2019年秋の稼動を目指し、横浜に京急グループ本社ビルを移転することを決定しました。
環境設備の導入や災害発生時の防災拠点としてBCP対策など防災機能を図り、充実したインテリジェントビルを建設する予定です。

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ