ニュースリリース

2018年08月31日

リニューアル第1弾として、新規5店舗、リニューアル5店舗、計10店舗がオープン
『ウィング新橋』がこの秋、ファッションエリアをリニューアル!
『ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング』のビジネス関連アイテムに特化したブランド『ワークトリップ アウトフィッツ グリーンレーベル リラクシング』などがオープン!

京急グループの株式会社京急ショッピングセンター(本社:東京都港区、社長:松尾 茂之、以下 京急ショッピングセンター)が運営する「ウィング新橋」は、耐震工事にともなった店舗リニューアルを実施し、第1弾として2018年9月25日(火)からファッションエリアで新規5店舗を含む10店舗を順次オープンいたします。

「ウィング新橋」は、新橋駅直結の利便性を活かしたショッピングセンターで、「旬」や「時代性」を取り入れることを意識した「Spice of days」をコンセプトとして1972年に開業し、今年で46周年を迎えます。今回の改装は2012年以来、約6年ぶりの改装となり、9月25日(火)に3店舗、10月1日(月)に7店舗、計10店舗がファッションエリアにオープンいたします。

新規店舗として、『ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング』のビジネス関連アイテムに特化したブランド『ワークトリップ アウトフィッツ グリーンレーベル リラクシング』の3号店がオープンするほか、『サックスバー アナザーラウンジ』などビジネス雑貨ショップもオープンし、メンズビジネス関連アイテム取扱いショップを拡充いたします。

また2019年春には、「コスメ」「生活雑貨」「軽飲食」などの店舗を中心としたリニューアルを予定しております。今後も、新橋や汐留を利用するオフィスワーカーをターゲットに、常に新しい情報を発信し、新しい発見を提供できる施設を目指します。

2019年春リニューアル完成イメージ

ウィング新橋リニューアルについて

オープン日 2018年9月25日(火)
リニューアル店舗 新規5店舗、リニューアル5店舗 計10店舗

ニューオープンショップ

9月25日(火)オープン

【WORK TRIP OUTFITS GREEN LABEL RELAXING(ワークトリップ アウトフィッツ グリーンレーベル リラクシング)】・・・メンズ&レディスファッション

毎日の通勤をおしゃれに楽しむ、デザイン性と機能性を兼ね備えたメンズ・レディスのウェアやビジネス小物を展開。

【トウキョウシャツ】・・・メンズファッション

「高品質」「高感度」「値頃感」をコンセプトとしたメンズシャツ専門店。

【サックスバー アナザーラウンジ】・・・メンズ&レディスファッション

職人達の揺るぎない思いが伝わるMADE IN JAPANのバッグを中心に、定番からトレンドのバッグ、財布小物を国内外からセレクトして展開。

10月1日(月)オープン

【イア パピヨネ】・・・レディスファッション

「日常【ベーシック】の大切さと非日常【トレンド】の面白さを改めて実感する」をコンセプトにエスニック・エキゾチック・オリエンタルをベースにトレンドをミックスしたファッション雑貨を提案。

【チュチュアンナ】・・・レディスファッション

女性の中に普遍的にあるカワイくありたい気持ちに寄り添い、ともに歩むブランドとして靴下・インナー・ルームウェアなどを展開。

リニューアルオープン 

10月1日(月)

【アンディコール】・・・レディスファッション

【コラージュ ガリャルダガランテ】・・・レディスファッション

【ルージュ・ヴィフ ラクレ】・・・レディスファッション

【ノンブル アンペール】・・・レディスファッション

【Zoff(ゾフ)】・・・メガネ

お客さまのお問い合わせ先

ウィング新橋
(TEL)03-3573-7304

参考

ウィング新橋概要

商業施設名 ウィング新橋
所在地 東京都港区新橋2丁目東口地下街1号
営業時間
ショッピング
平日 10:00~22:00
土日・祝日 10:00~21:00
レストラン
平日 10:00~23:00
土日・祝日 10:00~22:00
  • 一部店舗により営業時間が異なります。
駐車場 地下駐車場196台
  • 京急しんちか駐車場になります。
駐車サービス 1店につき3,000円(税込)以上お買い上げで1時間まで無料。
  • 無料駐車サービス券は1枚までの発行となります。
  • 他店とのレシートの合算はできません。
店舗数 27店舗
  • 2019年春リニューアル完了時
HP http://www.wing-net.ne.jp/shimbashi/新しいウィンドウで開く
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ