ニュースリリース

2018年03月12日

京急沿線の地域経済活性化を目指し
京急電鉄・湘南しんきん・日本保証の三社で業務連携協定を締結いたしました

京浜急行電鉄株式会社(東京都港区、取締役社長:原田 一之、以下 京急電鉄)、湘南信用金庫(神奈川県横須賀市、理事長:石渡 卓、以下 湘南しんきん)、株式会社日本保証(東京都港区、代表取締役:上村 憲生、以下 日本保証)は、2018年3月12日(月)に京急沿線の地域経済活性化を目的とした業務連携協定を締結いたしました。

高齢化が進む日本では、2035年には3人に1人が高齢者となり、一人暮らしをする高齢者の割合も4割近くに達することが予測されており、単身高齢者の増加や空き家の増加等が社会的に課題になっております。こうした課題の解決に向けて、様々な専門分野を持つ企業の連携した取り組みが必要になっています。

そのような中、京急電鉄ではこれまで、沿線地域の特性や市場動向を捉え、事業展開に活かすことで、沿線の魅力を向上させる事業の検討・推進をしております。

また、湘南しんきんでは、地域の面的再生への参加など、地域に根ざした金融機関として、地域密着型金融を推進してまいりました。

本提携では、三社は連携し、高齢化等の課題を共有しながら、空き家対策や若年層の定住促進に向けた取り組み等の企画などを通して、地域活性化を目指します。

沿線人口の減少や高齢化を課題とする京急電鉄と、京急沿線に多くの店舗網を持つ地域金融機関である湘南しんきんが、不動産融資保証に強い保証会社である日本保証と組み、新たな商品・サービスの開発をいたします。それぞれの具体的な役割はスキーム図をご覧ください。

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ