ニュースリリース

2017年10月10日

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート
京浜急行バスグループ464台に導入
10月10日(火)から羽田空港発着路線を中心に導入開始

京急グループの京浜急行バス株式会社(本社:東京都港区、社長:平位 武、以下 京浜急行バス)と羽田京急バス株式会社(本社:東京都港区、社長:岩田 信夫、以下 羽田京急バス)では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念して、2017年10月10日(火)から交付が開始される、特別仕様ナンバープレートを、羽田空港発着路線を中心に運行する車両、464台に順次導入いたします。

京浜急行バスグループ(上記2社および京浜急行バスが運行を委託する横浜京急バス株式会社、湘南京急バス株式会社)では、羽田空港を結ぶ空港リムジンバス路線を計49路線運行しているほか、羽田空港発着の一般路線バス、羽田空港内を走行するターミナル間無料循環バス、航空会社職員を輸送する特定バスを運行するなど、羽田空港になくてはならない輸送機関となっており、10月10日(火)の交付開始から、大会開催機運の盛り上げに貢献することを目的とし、大会特別仕様ナンバープレートを導入いたします。

さらに、観光のお客さまが多く見込まれる、東京都内や鎌倉市内の一部車両においても導入を行い、最終的に464台の車両に導入をいたします。

今回の特別仕様のナンバープレート導入は、ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレートに続き2例目となります。

京浜急行バスグループでは空港アクセスを提供するバス事業者として、大会の円滑な開催および盛り上げに貢献をしてまいります。

今回初めて記念ナンバーを導入する空港リムジンバス車両

導入を開始する特別仕様ナンバープレートデザイン

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
特別仕様ナンバープレートの導入について

導入開始日

2017年10月10日(火)

導入車両所属営業所

  • 京浜急行バス:京浜島営業所、大森営業所、新子安営業所
  • 羽田京急バス:東京営業所
  • 横浜京急バス:杉田営業所
  • 湘南京急バス:鎌倉営業所
  • 羽田京急バスの車両については、自社車両および京浜急行バス委託車両、横浜京急バスと湘南京急バスの車両については京浜急行バスからの委託車両

導入台数

464台(空港リムジンバス226台、一般路線バス232台、他6台)

  • 10月10日(火)から順次導入いたします。

空港リムジンバス車両

一般路線バス車両

デザインイメージ

  • 画像出典
    国土交通省リリース(2019年8月8日)「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 特別仕様ナンバープレートデザイン決定~大会開催機運の盛り上げに貢献~」より

特別仕様ナンバープレートについて

国土交通省がオリンピック・パラリンピック競技大会が日本で開催されることを記念し、作成した特別仕様ナンバープレートです。2017年9月4日(月)から申し込み、10月10日(火)から交付がはじまります。

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ