ニュースリリース

2017年10月16日

国際化が進む「羽田空港アクセス」、緑豊かな「三浦半島」など多彩な事業環境
2018年2月に創立120年を迎える京急電鉄が
10月16日から「KEIKYUアクセラレーター」プログラムの募集を開始します!!

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)では、新規事業創出に向けたオープンイノベーション施策の一環として、「KEIKYUアクセラレーター」プログラムを2017年10月16日(月)より実施いたします。

本プログラムは、「次の120年に羽ばたくイノベーション」をキーワードに、2018年2月に創立120年を迎える京急電鉄とベンチャー企業が力を合わせ、京急沿線の暮らしとその先にある未来を豊かにする新規事業の創出を目指すものです。

対象は国内外を問わず、革新的なビジネスプランを持つベンチャー企業とし、京急グループの既存事業分野に限らず、インバウンドツーリズムやAR/VR、ドローン、ロボティクスなど次世代テクノロジーを用いたビジネスなど、幅広い領域の事業を歓迎します。

本プログラムは、事業創出支援を専門に手掛ける株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都港区、代表:鈴木 規文、以下 ゼロワンブースター)と共同で開催し、選抜されたベンチャー企業はアクセラレータープログラムを通じて、京急電鉄の各部門や専門家による事業創出支援を受けることができます。

プログラムで選出された事業に対しては京急電鉄との資本提携を含めた協業を検討します。また、羽田空港アクセス路線を持つ京急電鉄と、世界最大のアクセラレーターの業界団体であるGlobal Accelerator Networkの正規メンバーであるゼロワンブースターの連携により、そのネットワークを活かした海外展開の支援等も実施可能です。

京急電鉄は2018年2月に創立120周年を迎えますが、新規事業創出の取り組みに積極的に挑戦し、今後も更なる発展に向け一層の努力を行ってまいります。

KEIKYU アクセラレーター ロゴ

KEIKYU アクセラレーター 公式ページ

「KEIKYUアクセラレーター」プログラムについて

概要

京急電鉄がベンチャー企業からビジネスプランを募集し、ともに「新規事業の創出」を目指します。募集するビジネスプランのテーマは、「既存事業とシナジーの見込める事業」・「当社の資産を活用した事業」・「京急沿線の価値向上に資する事業」と広く設定し、特に京急グループの持つ自然豊かな三浦半島エリア、年々利用者が増加している羽田空港アクセス、大規模開発の進む品川エリアなどを有効活用できるプランを募ります。

アクセラレーター(事業創出支援)期間を経て、最終的には出資または業務提携を目標としております。

三浦半島に広がる田園風景

羽田空港へのアクセスも充実

スケジュール

2017年10月16日(月) 募集開始
2017年11月9日(木) 第1回ベンチャー企業向け事前説明会・交流会
2017年11月20日(月) 第2回ベンチャー企業向け事前説明会・交流会
2018年1月19日(金) 募集締め切り
2018年3月5日(月) 事業審査会
2018年3月~7月 アクセラレーター(事業創出支援)期間
2018年7月中旬 成果発表会(デモデイ)

ベンチャー企業向け事前説明会・交流会について

開催日時 2017年11月9日(木)、11月20日(月) 両日とも19:00~21:00
場所 京急第10ビル8階(東京都港区高輪3丁目26番33号)
内容
  • ご挨拶(取締役社長・原田一之)
  • 「KEIKYUアクセラレーター」プログラムの説明
  • 交流会・ネットワーキングパーティー
定員 各回100名予定
  • 先着順
申し込み 「KEIKYUアクセラレーター」公式ページより申し込み下さい。

「KEIKYUアクセラレーター」公式ページ

URL:http://keikyu.01booster.com/新しいウィンドウで開く

  • 2017年10月16日(月)15:00より公開

参考

ゼロワンブースターについて

設立年月日 2012年3月22日
本店所在地 東京都港区東麻布1丁目7番3号
代表者 代表取締役 鈴木規文
事業概要 コーポレートアクセラレータープログラムの企画運営、シェアオフィスの運営、企業内企業人材研修・コンサルティングサービス、投資および資金調達支援など。世界最大のアクセラレーターの業界団体である「Global Accelerator Network」の日本唯一の正規メンバー。
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ