ニュースリリース

2017年05月25日

6月17日(土)開催 よこすか京急沿線ウォーク2017(第2回)
「世界三大記念艦 三笠 日本遺産認定記念ウォーク」開催について

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、 以下 京急電鉄)と横須賀市(市長:吉田 雄人)は、横須賀・三浦半島の魅力を発信し、集客・旅客誘致を促進するため、「よこすか京急沿線ウォーク2017」を5回開催します。

今年度の第2回目は、6月17日(土)に『世界三大記念艦 三笠 日本遺産認定記念ウォーク』と題して開催。

京急田浦駅近くの船越小学校をスタートし、のの字坂、塚山公園、浄土寺、ヴェルニー公園、を経由して、ゴール地点の世界三大記念艦 三笠 が博物館船として保存されている、三笠公園まで約8キロを歩きます。また、横須賀中央駅近くの中央大通りにて、市内の魅力的な企業・店舗が出店する「街市-よこすか-」が開催されています。是非お立ち寄りください。

また、横須賀にお越しの際は「よこすかグルメきっぷ」がオススメです。電車&バスの乗車券と、選べる食事券が付いている、とてもお得なきっぷとなっています。さらに、対象店舗できっぷを掲示すると、優待割引が受けられます。詳しくは、京急電鉄公式サイト「KEIKYU WEB」で紹介しております。

世界三大記念艦 三笠

『世界三大記念艦 三笠 日本遺産認定記念ウォーク』について

期日

2017年6月17日(土)

受付時間

9:00~11:00

集合場所

船越小学校

  • 京急線 京急田浦駅下車 徒歩3分

コース

<全コース約8㎞、所要時間約3時間>
京急田浦駅近く 船越小学校 ⇒ のの字坂 ⇒ 塚山公園 ⇒ 浄土寺 ⇒ ヴェルニー公園 ⇒ 三笠公園(ゴール受付) 徒歩で横須賀中央駅へ
  • 今回、ガイド付きコースがございます。

参加要綱

  • 現地集合、参加は無料です。(事前申込は不要、受付後に各自で随時出発)
  • ゴール受付は15:00までです。
  • ゴールされた方に参加記念品(ウォーク特製オリジナル缶バッジ)をプレゼントします。
  • ヒール、ベビーカーでのご参加はご遠慮ください。
  • 携帯電話等を操作しながらの歩行は大変危険ですので、ご遠慮ください。
  • ウォーク中の事故・負傷等については責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • コースによっては、一部、道幅・歩道が狭くなっている箇所や、生活道路が含まれており、横に広がって歩くと一般の方の迷惑となりますのでおやめください。
  • 狭い箇所での傘やポールなどの使用はご遠慮ください。
  • 道路交通法、交通マナーを守ってください。
  • コースに不安を感じたり、具合が悪くなった場合は無理をせず、各自の判断で参加をお取りやめください。

お客さまのお問い合わせ先

横須賀集客促進実行委員会(横須賀市観光企画課)

(TEL)046-822-8124(平日9:00~17:00)

当日の開催についてのお問い合わせ先

横須賀市コールセンター

(TEL)046-822-2500(当日7:00~)

2017年度の予定

よこすか京急沿線ウォークは、2017年度も年間5回の開催を予定しております。

日時 コースエリア
第3回
2017年11月
スタート受付16:00~18:00(予定)
新大津・横須賀中央エリア
第4回
2018年1月
スタート受付9:00~11:00
京急久里浜・長沢エリア
第5回
2018年3月
スタート受付9:00~11:00
安針塚・横須賀中央エリア
  • 道路事情等により、急遽、コースエリアを変更する場合がございます。また、タイトル、コース等の詳細につきましては、ニュースリリースまたは京急電鉄公式サイト「KEIKYU WEB」でお知らせいたします。

参考

のの字坂

JR田浦駅を下りて国道16号線を横切り、まっすぐに山の方向へ歩くと、約5分で道が立体交差するところがあり、「の」の字になっていることから、「のの字坂」といいます。

戦前、城の台砲台を築き、物資を運び上げるためにつくられた道路です。道をつなぐ陸橋を「のの字橋」(いわゆるループ橋)といい、はじめは橋も木製であったといいます。

ループ(輪)は、直径40mぐらいで、輪の中は児童公園(田浦1丁目公園)になっている。1回転半以上まわって登った先は、旧浦賀道・十三峠となり、東京湾を望むハイキングコースとなっています。

塚山公園

古くからの桜の名所です。日本に数々の西洋文明を伝えた三浦按針とその妻をまつった「按針塚」を中心に広がります。例年4月上旬には横須賀市四大国際式典の三浦按針祭観桜祭が、同時期に塚山公園さくら祭が開かれます。塚山公園は「かながわ景勝50選」「かながわ花の名所100選」にも選ばれています。

浄土寺

三浦按針の菩提寺・浄土寺は鎌倉武将・畠山重忠創建のお寺です。浄土寺には、三浦按針より寄贈された銅製の念持仏観音像や南蛮貿易の際の土産の経文、日本橋按針町からの寄進の打ち敷など按針ゆかりの品々を所蔵しており、春の按針忌法要に観音像が御開帳されます。

世界三大記念艦「三笠」

「三笠」は明治期最新鋭の戦艦であり、東郷司令長官が乗艦指揮する旗艦として日本海海戦において常に連合艦隊の先頭に立ち、敵艦の集中砲火を浴びながら戦い抜き、歴史的な大勝利に大きく貢献しました。1926年(大正15年)、このように栄光の歴史を持つ「三笠」を記念艦として保存することとなり、難工事を克服して現在の場所に固定され、以来民族の誇りの象徴として親しまれています。

また、昨年度に旧軍港四市(横須賀市・呉市・佐世保市・舞鶴市)共同で認定を受けた「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」認定ストーリーを構成する「日本遺産」の構成文化財として2017年(平成29年)4月に追加認定されました。

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ