ニュースリリース

2017年03月29日

2019年ラグビーワールドカップを盛り上げます!
特別仕様ナンバープレートをバスに使用します
2017年4月3日(月)から横浜市内を走る車両に装着!

京急グループの京浜急行バス株式会社(本社:東京都港区、社長:平位 武、以下 京浜急行バス)と横浜京急バス株式会社(本社:東京都港区、社長:勝間 繁男、以下 横浜京急バス)では、2019年に開催されるラグビーワールドカップを記念して作成され、2017年4月3日(月)から交付が開始される特別仕様ナンバープレートを横浜市内を運行する一般路線バス38台に使用することといたしました。

これは、ラグビーワールドカップの会場に神奈川県横浜市が選ばれていることから、横浜市内を走行する一般路線バスにナンバープレートを使用することで、大会を盛り上げることを目的としています。4月3日(月)に京浜急行バス所属の1台を皮切りに、順次特別仕様ナンバープレートへ変更を行い、2019年の大会終了まで特別仕様のナンバープレートを使用予定です。

京浜急行バスと横浜京急バスは特別仕様ナンバープレートの使用を通じて、横浜を走る公共交通機関として大会を盛り上げてまいります。

横浜市内を走る一般路線バス車両

ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレートの使用について

使用開始日

2017年4月3日(月)

使用営業所

  • 京浜急行バス株式会社 横浜営業所
  • 横浜京急バス株式会社 杉田営業所

使用台数

38台(京浜急行バス 28台、横浜京急バス10台)

  • 横浜・杉田営業所に所属する一般路線バスで使用いたします
  • 横浜京急バス株式会社杉田営業所では、京浜急行バス株式会社横浜営業所担当路線の運行および管理を受託しています
  • 一般路線バス以外の京急リムジンバス等には使用いたしません
  • 4月3日(月)より順次装着いたします

デザインイメージ

  • 画像出典:
  • 国土交通省リリース(2017年2月13日)「特別仕様ナンバープレート申込開始~ラグビーワールドカップ2019の成功に向けて~」より

特別仕様ナンバープレートについて

国土交通省がアジア初のラグビーワールドカップが2019年に日本で開催されることを記念し作成した日本初の特別仕様ナンバープレートです。2017年2月13日(月)から申し込み、4月3日(月)から交付がはじまります。

横浜京急バス杉田営業所について

所在地 神奈川県横浜市磯子区杉田5-30-1
所属台数 69台(うち、一般路線バス38台)
主な担当路線 横浜駅~磯子駅・杉田平和町、上大岡駅発着の路線、空港リムジンバス、深夜急行バス、京浜急行バス株式会社横浜営業所担当路線の運行および管理受託
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ