ニュースリリース

2017年03月22日

日本初※、多言語観光ガイドを行う観光客向けロボットレンタルサービスを開始
~まずは、羽田空港国際線ターミナルから。ロボット本体や関連グッズの販売も~

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:原田一之、以下「京急電鉄」という)、シャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:戴正呉、以下「シャープ」という)、株式会社ビジョン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野健一、以下「ビジョン」という)、フューブライト・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都中央区、社長:居山俊治、以下「フューブライト」という)の4社は、日本初の多言語観光ガイドを行うコミュニケーションロボットレンタルサービスを、訪日外国人観光客向け中心に開始いたします。

本サービスは、日本語に加え、新たに英語・中国語に対応したコミュニケーションロボット『ロボホン』を『グローバルWiFi羽田空港店カウンター』でレンタルし、『ロボホン』と一緒に旅を楽しむことで、訪日外国人観光客の方々に日本文化と触れ合った想い出を作っていただこうというものです。

位置情報に合わせておすすめのスポットを『ロボホン』が紹介してくれる『ロボてなし』アプリの他、写真撮影、プロジェクターでの写真・動画表示、ダンスや歌なども、3つの言語で提供いたします。『グローバルWiFi羽田空港店カウンター』では、レンタルだけでなく、お土産として『ロボホン』のプラモデルや、オリジナルロボホンウェアや、卓上ホルダなど、『ロボホン』グッズの購入も可能です。

また、日本人観光客向けにも『ロボホン』レンタルサービスを提供。日本人のお客様には、『ロボホン』グッズに加え、『ロボホン』本体も『グローバルWiFi羽田空港店カウンター』にて販売いたします。数日間のレンタルで『ロボホン』と一緒の生活をお試しいただいてから、購入を検討いただけます。なお、2017年9月末日までのキャンペーンとして、レンタル後に購入いただいたお客様限定の特典で、『ロボホン』の機能を楽しむために加入が必要な「ココロプランベーシック」1年分と「キャリングケース」(合計約23,000円相当)をプレゼントいたします。

本サービスをきっかけに、今後コミュニケーションロボットを活用した外国人観光客へのおもてなしサービスを拡げ、日本観光の新しい価値を創造してまいります。

※コミュニケーションロボットの個人を対象とした観光向けレンタルサービスにおいて。(2017年4月25日サービス開始予定)

本サービスの各社役割

京急電鉄 ロボホンレンタル事業、ロボホン本体および各種関連商品の販売
シャープ ロボホンの英語・中国語対応および基本アプリの多言語化対応
ビジョン ロボホンレンタル、販売のお客様対応および運用
フューブライト 位置情報に合わせてスポット紹介するなど、新規アプリの開発

サービス概要

サービス提供開始日および場所

提供開始日 提供場所 受付時間
2017年4月25日(火) 京急羽田空港国際線ターミナル駅2階「グローバルWiFi 羽田空港店カウンター」 6:30~23:45

*レンタル機の返却は以下の空港内「グローバルWiFi」店舗カウンターでも可能

  • 成田国際空港(「J WiFi & Mobile」にての対応となります)
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

レンタル料金

ロボホン本体料金について

24時間(1泊2日可) 1,500円(税抜)
48時間(2泊3日可) 3,000円(税抜)
72時間(3泊4日可) 4,000円(税抜)
以降12時間毎 500円(税抜)

*WiFiルーターレンタル料金は別途掛かります。

販売する関連グッズ

プラRoBoHoN(フルスケールアクションフィギュア)
価格2,800円(税別)

・ペーパークラフト(帽子・赤色旗)
・シール(耳&制服デザイン前掛けセット)

*いずれも4月下旬発売予定(価格未定)
*写真はイメージです。

  • 「ロボホン」、「Robohon」、「ココロプラン」は、シャープ株式会社の登録商標です。
  • 「ロボてなし」は、フューブライト・コミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
  • 「グローバルWiFi」は、株式会社ビジョンの登録商標です。
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ