ニュースリリース

2016年11月28日

京急沿線の無料情報誌「なぎさ」は創刊から60年を迎えました!
創刊60周年を記念した特別号を12月1日に発行いたします

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)が隔月(偶数月)の1日に発行している京急沿線情報誌「なぎさ」は、2016年12月1日(木)発行する第600号をもって、創刊60周年を迎えます。

情報誌「なぎさ」は、1956年11月1日に第1号が創刊され、京急線各駅や一部京急グループ施設において無料で配布しており、お客さまに大変ご好評いただいております。

今回発行する第600号では創刊60周年を記念し、1977年の1年間「なぎさ」の表紙を飾っていただいた高見 恭子さんに当時の思い出をお話しいただいた「『なぎさ』と共に。」のほか、2005年~2007年まで連載していただいた北尾 トロさんの人気コラム「北尾トロの京急ゆるゆる紀行」や、1980~2000年代までの長年ご好評いただいた「クロスワード・パズル」など、人気コーナーを復刻掲載し、創刊から60年の振り返りを行っております。
さらに、青春時代を京急沿線で過ごした、V6の井ノ原 快彦さんに京急線の思い出を語っていただいたスペシャルインタビューも掲載するなど、ページ数を拡大した特別号になっております。

京急電鉄は、「なぎさ」で培った60年の伝統をもとに、これからも京急沿線の情報を発信し、沿線価値向上につとめてまいります。

詳細は以下をご覧ください。

第600号をもって創刊60周年を迎えます

「築き上げた60年を基に今後も盛り上げたい」と担当者

「なぎさ60周年記念特別号」について

創刊60周年を記念し、過去の人気コーナーの復刻掲載のほか、スペシャルインタビューなど内容盛りだくさんの特別号になっております。

発行日
2016年12月1日(木)
サイズ
A5版 24ページ(オールカラー)
発行部数
60,000部

ご好評いただいた人気コーナーなども復刻掲載します

「なぎさ」について

「なぎさ」10月号 表紙

京急沿線のまちマガジンとして、1956年11月1日に創刊した無料の沿線情報誌。
京急沿線の魅力やおすすめスポットをご紹介しています。

発行日
隔月発行(偶数月の1日発行を予定)
サイズ
A5版 16ページ(オールカラー)
発行部数
60,000部
配布場所
京急線各駅(泉岳寺駅を除く)、京急グループ一部施設など

参考 特別号掲載記事に関わる方の紹介

井ノ原 快彦(いのはら よしひこ)さん

1976年5月17日生まれ。1995年、V6のメンバーとしてデビュー。
音楽活動やドラマ、舞台をはじめ、キャスターや司会者としても活躍中

北尾 トロ(きたお とろ)さん

1958年、福岡県生まれ。ライター。本、マニア、裁判傍聴、狩猟など、好奇心のおもむくまま、さまざまな分野で執筆。
『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』『猟師になりたい!』『町中華とはなんだ』など著書多数

高見 恭子(たかみ きょうこ)さん

タレント、文筆家。ファッション雑誌、ショーなどのモデルを経てテレビ、ラジオへ芸能活動の幅を広げ、おしゃれな生活、ファッションスタイルの講演、講義も行っている。
「steiff teddybear ambassador」、「Smile Ambassador」、「フレグランスセールススペシャリスト」の資格を有する。
ファッションブランド「cat in the closet」のデザイナーとしても活躍中

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ