ニュースリリース

2016年11月07日

My自転車を電車に積み込み、そのままレース会場へ!
京急電鉄貸切イベント列車「京急サイクルトレイン」と自転車レース「第30回メリダ・ミヤタカップ2016 in横須賀」が初コラボ!

横須賀市(市役所:神奈川県横須賀市、市長:吉田雄人)、株式会社ミヤタサイクル(本社:神奈川県川崎市、社長:高谷信一郎 以下ミヤタサイクル)、京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田一之 以下京急電鉄)では12月3日(土)、長井海の手公園・ソレイユの丘(横須賀市長井4丁目、以下ソレイユの丘)で開催される「第30 回メリダ・ミヤタカップ2016 in横須賀」(メリダ・ミヤタカップ2016実行委員会主催)に合わせて、自転車を輪行袋に入れることなくそのまま電車の車内に持ち込める「京急サイクルトレイン」を運行いたします。

横須賀市で3回目の開催となる「メリダ・ミヤタカップ」と「京急サイクルトレイン」とのコラボは初となります。
当日は、京急線品川駅から自転車を電車に積み込み、三浦海岸駅で下車、そのまま自転車でレース会場のソレイユの丘へ向かうという、ユニークな体験がお楽しみいただけます。
また、車内ではプロサイクルロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」も同乗し、参加者の皆さまとレース会場へ向かいます。参加は「事前申込・先着順」でインターネットにて申し込みを受け付けいたします。

三浦半島では、横須賀市が周辺自治体と共に2013年に「自転車半島宣言」を行い、自転車による体験型観光の取り組みを進めており、京急電鉄によるサイクルトレインの運行やミヤタサイクルによるサイクルイベントの開催など、自治体・企業が協力して自転車半島を盛り上げる取り組みを進めております。
今回のレース・サイクルトレインによって、自転車愛好者の皆さんに、観光地としての横須賀の魅力や、都心からのアクセスの良さを実感していただき、再訪するきっかけになれば、と考えております。

詳細につきましては以下のとおりです。

2015年に横須賀Y-HEART地区で開催された様子

品川駅でサイクルトレインを待つ参加者

メリダ・ミヤタカップ2016in横須賀開催時における京急サイクルトレインの運行について

運行概要

運行日時 12月3日(土)
運行区間 品川駅(7:05発)→三浦海岸駅(8:26着)
募集人数 50名(先着順)
参加費 3,500円
応募方法 「メリダ・ミヤタカップ2016 in横須賀」ホームページにて応募
  • WEB応募のみとなります
企画内容(予定)
  • 輪行袋を使用することなく自転車をそのまま電車の車内に持ち込めるサイクルトレインの運行
  • プロサイクルロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」が同乗し、トークショーを開催
注意事項
  • 往路のみの運行となります。お帰りの際に電車を使用する場合は、輪行袋を使用し、ご乗車ください。
  • 事前応募が必須となります。
  • その他、詳細な注意事項につきましては申込みサイトをご確認ください

参考

京急サイクルトレインについて

概要 「My自転車をそのまま電車に積み込んで三浦半島を走ろう!」をコンセプトに三浦半島まで自転車を輪行袋に入れることなく、そのまま電車の車内に持ち込める貸切イベント列車です。
平成28年5月に第1回、10月に第2回の運行を行いました。
運行日 平成28年5月15日(日)、10月23日(日)
運行区間 品川駅~三浦海岸駅(第1回・第2回共通、第2回は神奈川新町駅でも乗降可)

第30回メリダ・ミヤタカップ2016 in横須賀

開催日時 12月3日(土)8:35~16:45
会場 長井海の手公園ソレイユの丘(横須賀市長井4丁目)
出場者数 約400チーム、700人(予定)
概要 長井海の手公園ソレイユの丘で自転車レースが開催されるのは今回が初めてとなります。
当日は、キッズレースやロード2時間耐久レース、MTBレースなど多彩なプログラムを用意、子どもから大人まで幅広く楽しめる内容となっています。
なお、ソレイユの丘は今年7月、ミヤタサイクルが扱うMERIDA(メリダ)製ロードバイクの最新モデルが体験できる「MERIDA XPERIENCE CENTRE(メリダ・エクスペリエンス・センター)」を開設しており、今回の開催に至りました。
横須賀市での開催は今回で3回目、平成25年11月は湘南国際村(978名参加)、平成27年11月はワイハート地区(衣笠町)(927名参加)で開催しています。
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ