ニュースリリース

2016年10月11日

新1000形1800番台・BLUE SKY TRAIN・YELLOW HAPPY TRAIN
京急線横浜駅ホームに京急電車デザインの自動販売機が登場します!
京急オリジナル缶バッチ入り「KEIKYUボトル」を1,200本限定発売

京急グループの株式会社京急ステーションコマース(本社:東京都港区、社長:佐藤 憲治、以下 京急ステーションコマース)は、2016年10月14日(金)の「鉄道の日」にあわせて、京急線横浜駅上りホーム品川寄りに、ユニークな飲料自動販売機コーナーを設置いたします。

内容は、自動販売機全体に京急新1000形1800番台をベースとして、好評の「YELLOW HAPPY TRAIN」と「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」のラッピングを左右に併設した自動販売機となります。

「YELLOW HAPPY TRAIN」ラッピングの自動販売機は、キリンビバレッジバリューベンダー株式会社の「デジタルサイネージ自動販売機」で、前面の大型ディスプレイに京急電車の動画を流し、内蔵の「VENDORPHOTO」(ベンダーフォト)機能として、飲料を購入されたお客さまが、自販機の内蔵カメラで「自撮り」撮影が可能で、京急オリジナルデザインフレーム(5種類)付きの写真として、“LINE(ライン)”アプリで受け取ることが可能です。

今回“オープニングキャンペーン”として、京急新1000形1800番台電車ラッピング自動販売機において、京急オリジナル缶バッジ(5種類)入り缶コーヒー「KEIKYUボトル」(樹脂缶)を定価の130円(税込)で限定1,200個(3デザイン各400個)で発売いたします。
この機会に、横浜駅のこの自動販売機でしか手に入らない「KEIKYUボトル」をぜひお求めください。

詳細は以下のとおりです。

横浜駅の上りホームに京急電車が登場します(写真は設置イメージ)

「京急新1000形1800番台電車ラッピング自販機コーナー」ついて

概要

全体に京急新1000形1800番台の電車ラッピングを施した、デジタルサイネージ自動販売機を併設します。
オープニングキャンペーンとして、京急オリジナル缶バッジ入り缶コーヒー「KEIKYUボトル」(樹脂缶の中に、缶コーヒーと缶バッジが封入されている)を限定発売いたします。

設置日時

2016年10月14日(金)始発から

自販機設置台数

4台(キリンビバレッジ2台、ダイドードリンコ1台、サントリー1台)

設置個所

京急線横浜駅上りホーム品川寄り

デジタルサイネージ自動販売機(機能)

「VENDORPHOTO」(ベンダーフォト)機能

お客さまが清涼飲料を購入すると、自動販売機の内蔵カメラで写真撮影(自撮り)ができます。
撮影した楽しいデザインフレーム付きの写真をアプリ“LINE(ライン)”で受け取ることができます。
今回の設置機は京急オリジナル背景を5種類用意しており、前面の液晶画面ではオリジナル電車動画を流します。

多言語対応機能

タッチボタンで画面を切り替えることにより、英語・中国語(簡体字)・韓国語での表記が可能です。
商品(商品名:カテゴリー/カロリー表記)ほか、原材料やアレルギー成分などの商品情報や自販機の使い方をご案内いたします。

オープニングキャンペーン

京急オリジナルラベルの樹脂缶(3種類、各400個計1200個)に、京急オリジナル缶バッジと缶コーヒーを封入し、オープニングキャンペーンとして定価の130円で限定販売いたします。

デジタルサイネージ機

京急ボトルおよび缶バッジ画像

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ