ニュースリリース

2016年08月29日

【防災週間】9月1日(木)大規模地震発生を想定し京急グループ各社が参加
「京急グループ合同防災訓練」を実施します
~京急線では、電車の減速運転・一旦停止訓練を行います~

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)および京急グループ各社では、9月1日(木)に京急グループ合同防災訓練を実施します。

この訓練は、地震をはじめとした災害発生の際に、グループ全体の連携体制の強化および防災意識の高揚を図ることを目的として毎年実施しているもので、『東海地震の警戒宣言発令・震度6弱の地震発生を想定』し、京急グループ各社が参加して行います。
なお、本訓練は、防災週間(8月30日~9月5日)の期間中に実施される、第37回九都県市合同防災訓練と連動して行うものです。

訓練では、京急電鉄内に、社長を総本部長とする危機対策総本部を設置し、グループ各社から被災状況などの情報収集を行うほか、相模湾沿岸に津波警報が発令された想定で、該当エリアにある京急グループの一部施設において、津波対策訓練を行います。
また鉄道部門では、緊急地震速報の受報を想定し、10時30分から全列車を一旦停止させる訓練や報告訓練などを行います。

詳細は以下のとおりです。

情報伝達訓練

電車の一旦停止後、運転士が異常の有無を報告

津波対策訓練(京浜急行バス)避難訓練等を実施

  • 写真はいずれも過去実施の様子

「京急グループ合同防災訓練」実施概要について

実施日

2016年9月1日(木) 10時00分~12時00分

実施箇所

京急線全線・各所、京急グループ各社

実施概要

想定

10時00分、東海地震に関する警戒宣言が発令され、その後10時30分に震度6弱の地震が発生したと想定。

訓練概要

危機対策総本部設置訓練 京急電鉄内に、社長を総本部長とする「危機対策総本部」を立ち上げ、関係部署間での情報伝達訓練を実施します。
安否確認訓練 京急グループ全社員(約9,000人)が、安否確認システムへ安否登録を行う訓練を実施します。
津波対策訓練 地震発生後、相模湾沿岸に津波警報が発令された想定で、該当エリアにある京急グループの一部施設において、津波対策訓練を行います。
鉄道本部
列車における津波警報発令時の避難訓練等を行います。
京浜急行バス
路線バスにおける津波警報発令時の避難訓練等を行います。
葉山マリーナ
津波警報発令時の避難訓練等を行います。
京急ストア
相模湾沿岸の一部店舗において、津波警報発令時の情報伝達訓練等を行います。
鉄道本部防災訓練 次のような各種訓練を、全線にわたり実施します。
  • 警戒本部、災害対策本部の設置訓練
  • 列車の減速運転訓練および列車一旦停止訓練(緊急地震速報の受報訓練)
    • 10時00分に全列車での減速運転
    • 10時30分に全列車での一旦停止訓練
    • 訓練に先立ち、お客さまへ駅・車内放送で事前告知を行います。
  • 運転区間報告訓練(運転区間の異常の有無を駅に報告し掲示する訓練)
  • 衛星電話などを用いた情報伝達訓練
  • 諸設備、工事箇所、緊急自動車、救援車両等の点検訓練 など

警戒本部、災害対策本部の設置訓練

運転区間報告訓練

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ