ニュースリリース

2016年08月23日

訪日外国人旅行者急増による宿泊施設不足に対応
京急EXイン 8/25に東銀座開業、9/1に高輪をリニューアルオープン
2017年に京急EXイン羽田(仮称)を開業することで、品川、羽田空港を中心に12館2,700室に!

8月17日(水)に観光庁より公表された7月の訪日外国人旅行者数は、前年同月比19.7%増加し、月間過去最多を更新するなど、訪日外国人旅行者が急増しており、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて宿泊施設不足が顕在化しております。

そのような状況の中、京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之)は、株式会社京急イーエックスイン(本社:東京都港区、社長:四宮 浩)が運営する宿泊特化型ホテルブランド「京急EXイン」を都内人気エリアにオープンいたします。

今回は、2016年8月25日(木)に「京急EXイン 東銀座」(部屋数198室)を新規オープン、2016年9月1日(木)に「京急EXイン 高輪」(163室)をリニューアルオープンし、株式会社京急イーエックスインは、新しいブランド価値を提供する新たなステージに入り訪日外国人需要やビジネスパーソンの出張など、多様なお客様のニーズに応えます。
訪日外国人旅行者向けにジャパンタイムズ(英字新聞)を無料でご用意し、また「京急EXイン 東銀座」ではインターネットを利用した各国のニュースをテレビで見られ、観光案内やホテルの宿泊約款などをタブレット内に収めることで案内のスマート化も図っています。
さらに、「京急EXイン 東銀座」には、全室にシモンズ社と共同開発したオリジナルマットレスを、「京急EXイン 高輪」には、一部客室にトップアスリートに支持されている「エアウィーヴ」のマットレスパッドを導入するなど、従来のビジネスホテルに比べ高質化したサービスを提供いたします。

今後も2017年度に「京急EXイン 羽田(仮称)」を開業するなど、当社線や乗り入れ線の駅近接立地(徒歩5分以内)に出店し、羽田空港やターミナルである品川駅へのアクセスに有利な高い利便性を強みとした営業展開を行い、2020年までに3,000室のチェーン展開を目指しております。

詳細は以下のとおりです。

京急EXイン東銀座(イメージ)

京急EXイン高輪

ホテル施設概要

京急EXイン 東銀座

所在地 東京都中央区築地2-15-15
アクセス 都営浅草線「東銀座駅」徒歩3分
延床面積 4,349.30 ㎡(1,315 坪)
開業 2016年8月25日(木)
客室数 198室
特徴
  • シモンズ社と共同開発したオリジナルマットレスを採用。従来のマットレスから6.5インチへと拡大
  • トイレと洗面台を分離した快適な洗い場付きのバスルームをツインとダブルの客室に採用
  • タブレットやスマートフォン等向けの世界共通のUSBコンセントを設置
  • 既存館より大型サイズの40インチのテレビを導入

京急EXイン 高輪

所在地 東京都港区高輪4-10-8
アクセス 京急線「品川駅」徒歩3分
延床面積 4,384.21 ㎡(1,326 坪)
開業 2016年9月1日(木)
客室数 163室
特徴
  • 「エアウィーヴ」のマットレスパッドを一部客室に導入
  • 客室のまくらはシモンズ社と共同開発したオリジナルまくら
  • パジャマはゆったりとお休みいただける上下セパレートタイプを導入

参考 「京急EXイン」店舗概要

番号 京急EXイン店舗名 開業 所在地 客室数
1 大森海岸駅前 2007年11月 品川区南大井3-32-1 105室
2 品川・新馬場駅北口 2008年8月 品川区北品川2-18-1 127室
3 浅草橋駅前 2010年4月 台東区浅草橋1-27-9 179室
4 横浜駅東口 2010年9月 横浜市神奈川区金港町5-7 96室
5 蒲田 2010年10月 大田区蒲田5-28-18 155室
6 品川駅前 2011年4月 港区高輪3-13-3 935室
7 高輪 2011年11月 港区高輪4-10-8 163室
8 秋葉原 2016年3月 台東区秋葉原2-1 146室
9 京急川崎駅前 2016年4月 川崎市川崎区砂子1-3-1 175室
10 品川・泉岳寺駅前 2016年6月 港区三田3-11-26 120室
11 東銀座 2016年8月 中央区築地2-15-15 198室
12 羽田(仮称) 2017年度(予定) 大田区羽田5丁目 313室(予定)
合  計 2,712室(予定)
  • 「京急EXイン 新馬場駅北口」は、「京急EXイン 品川・新馬場駅北口」に名称変更し、インターネット検索等でのホテル選択をわかりやすくいたします。
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ