ニュースリリース

2016年07月12日

「マルチドア対応ホームドア(どこでもドア®)」の実証実験を実施

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之)では、三菱重工グループの三菱重工交通機器エンジニアリング株式会社が開発を進めてきた「マルチドア対応ホームドア(以下、「どこでもドア®」という。)」の実証実験を2016年(平成28年)秋頃から久里浜線三浦海岸駅において実施します。

この「どこでもドア®」は、これまで課題であった、ドア数やドア位置などが異なる車両が運行する路線に対応するホームドアとして開発を進めているもので、車両改修を必要とせず地上設備のみでホームドア開閉の連携が可能な「地上完結型連携システム」を採用しています。
その事により、車掌がホームドア側の操作をすることなく自動でホームドアの開閉が行われ、車掌の作業が「ワンアクション」(車両のドア開閉作業のみ)となります。
今回の実証実験は、三菱重工交通機器エンジニアリング株式会社が国土交通省鉄道局の鉄道技術開発費補助金の支援を受けて行われるもので、「どこでもドア®」の安全性および耐久性、ならびに「地上完結型連携システム」の安定性について検証を行います。

当社は、本実証実験に協力するとともに、この結果を踏まえ、今後、ホームドアの設置を含むホーム安全対策の検討をしてまいります。

詳細は以下のとおりです。

イメージ図

「どこでもドア®」の実証実験について

実施期間について

実証実験用ホームドア設置工事完了(2016年秋ごろ予定)から1年間

検証内容について

「どこでもドア®」の安全性および耐久性、ならびに車掌の「ワンアクション」を可能とする「地上完結型連携システム」の安定性の確認

実施駅について

久里浜線 三浦海岸駅下りホーム 最後部1両分

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ