ニュースリリース

2016年05月18日

京急の地域密着型商業施設ブランドの第2号店
「ウィングキッチン京急鶴見」が誕生します!
2017年夏 京急鶴見駅高架下に開業予定

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)では、京急鶴見駅の耐震補強工事に伴い営業を終了した「けいきゅうエキプラ鶴見」を、新たな商業施設として「ウィングキッチン京急鶴見」へリニューアルいたします。

京急鶴見駅は、JR鶴見駅と近接しており、京浜工業地帯へのアクセス拠点になっているほか、近隣には鶴見区総合庁舎などの施設が集中しているなど、地域の交通や行政の重要拠点となっています。
また、近年は人口の増加が見られ、街全体が大きな発展をしています。

このたびのリニューアルにより、昨年12月に開業した「ウィングキッチン京急蒲田」に次ぐ地域密着型商業施設ブランドとなる「ウィングキッチン」の第2号店が誕生します。
同ブランドは、京急沿線を中心に展開する「京急ショッピングプラザ・ウィング」の姉妹ブランドとして、“地域に溶け込むコミュニティプレイス”をコンセプトに、食品・飲食を中心に、ファッションや雑貨にいたるまでを取扱い、“最寄り駅にあると嬉しい、毎日でも立ち寄れる、普段づかいの商業施設”を目指しております。

京急グループでは、今後も地域ごとの立地特性に合わせた商業施設を展開することで、豊かで住みやすい沿線づくりを進め、各地域の発展に貢献していきます。

詳細は、以下のとおりです。

【ウィングキッチン京急鶴見 イメージ】
※ 実際の計画と異なる場合があります。

西口側(JR鶴見駅側)

東口側

「ウィングキッチン京急鶴見」について

施設概要

所在 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1丁目29番2号、3号
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1丁目30番22号
アクセス 京急鶴見駅直結
延床面積 2,739㎡(予定)
店舗面積 2,319㎡(予定)
店舗数 16店舗(予定)
着工予定 2016年7月
開業予定 2017年夏(予定)
運営 株式会社京急ショッピングセンター
その他 「ウィングキッチン」としては、昨年12月に開業した「ウィングキッチン京急蒲田」に次ぐ第2号店となります。

「ウィングキッチン」について

京急沿線を中心に展開する「京急ショッピングプラザ・ウィング」の姉妹ブランドとして、“地域に溶け込むコミュニティプレイス”をコンセプトに、普段づかいができる食品・飲食を中心に、ファッションや雑貨までライフスタイルに密着したショップを揃えた、地域密着型商業施設ブランドです。
今後も沿線を中心に「ウィングキッチン」の積極展開を図り、地域の認知度とイメージの向上に貢献していきます。

参考

京急グループにおける流通事業の取り組みについて

京急グループでは地域ごとの立地特性に合わせた商業施設や流通サービスを展開することで、豊かで住みやすい沿線づくりを進め、各地域の発展に貢献しています。
特に、近年では、専門性に特化した新しいコンセプトの商業施設を、従来から京急グループが展開しているショッピングセンター『ウィング』の姉妹ブランドとして新たに展開をし始めています。

昨年、2015年10月には、空港利用者に便利と快適を提供する空港内商業施設「ウィングエアポート羽田」を、2015年12月には、地域密着型商業施設「ウィングキッチン」の第1号店となる「ウィングキッチン京急蒲田」を開業しました。
さらに、2016年4月には、『ウィング』の第5号物件となる「ウィング川崎」を開業させるなど、積極的な商業施設の展開と、『ウィング』ブランドの拡大を進めています。

今後も沿線の方々のニーズに応える商品・サービスの提供に取り組んでいきます。

近年のウィングブランド開業施設

ウィングエアポート羽田

所在 東京都大田区羽田空港2丁目6番5号
アクセス 羽田空港国際線ターミナル駅直結
店舗面積 615㎡
店舗数 10店舗
主要テナント 品達 羽田、ラオックス、マツモトキヨシ、セブン-イレブン、トラベレックス、グローバルWiFi®
開業年月 2015年10月21日

ウィングキッチン京急蒲田

所在 東京都大田区蒲田4丁目50番11号
東京都大田区南蒲田1丁目20番32号
アクセス 京急蒲田駅直結
店舗面積 3,047㎡
店舗数 30店舗
主要テナント 京急ストア、GU、くまざわ書店、デリ&ルー ヴィドフランス、キリンシティプラス
開業年月 2015年12月11日

ウィング川崎

所在 神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目3番地1
アクセス 京急川崎駅直結
店舗面積 2,383㎡
店舗数 25店舗
主要テナント ユザワヤ、ハンズカフェ、博多もつ鍋やまや、RINGO、焼肉トラジ
開業年月 2016年4月27日
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ