ニュースリリース

2016年05月10日

台鉄×京急 友好鉄道協定締結企画
台鉄で京急の赤いラッピング列車が運行します
2016年5月12日(木)から10月12日(水)まで

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)と中華民国交通部台湾鉄路管理局(局長:周永暉、以下 台鉄)では、昨年2月に締結した「友好鉄道協定」による相互誘客活動の一環として5月12日(木)から台鉄の電車に、京急線の赤い車体をイメージしたラッピング列車の運行を開始します。

京急電鉄では、本年2月22日(月)から台鉄との友好協定締結1周年を記念して、台鉄列車のデザインを施したラッピング列車を運行しております。
当初は3月中旬までの予定でしたが、当該ラッピング列車を見るために台湾から訪日する方が現れるなど、好評を得ていることから運行期間を6月初旬まで延長いたしました。
その他、羽田空港国際線ターミナル駅へのPRパネルの設置等、台鉄と連携したさまざまな企画を実施しております。

この度、台鉄からの提案により、鉄道を通じた観光交流促進のため、台鉄の通勤電車に京急の赤い電車をイメージさせるラッピングを施し、台北を中心に都市部を約半年間運行することになりました。
運行開始日である5月12日には、台鉄・南港(なんがん)駅において両者による出発式をおこないます。

今後も各種取り組みを通じて両者沿線のみならず、日台間の交流人口の増大を目指すべく企画を実施してまいります。

詳細は以下のとおりです。

台鉄で運行する赤い電車のラッピングイメージ

台鉄ラッピング列車の運行について

運行期間

2016年5月12日(木)~10月12日(水)(予定)

対象列車

EMU700形通勤列車1編成8両編成

運行区間

主に西部幹線(宜蘭~台北~彰化)区間車(普通電車)として運行

EMU700形通勤列車

出発式概要

日時
5月12日(木)10:00~11:00
場所
台鉄 南港駅構内(台北駅から2駅)
出席者
台鉄:周局長ほか
京急電鉄:中山運転車両部長ほか

その他

今回のラッピング列車運行開始にあわせて、2015年9月から台北駅コンコースに掲出中のPRパネルのデザインも一新いたします。

今回更新するパネルデザイン

今回更新するパネルデザイン

参考 台鉄×京急 友好鉄道協定による企画について

京急線におけるラッピング電車の運行

運行期間
2016年2月22日(月)~2016年6月初旬
対象車両
「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」(京急ブルースカイトレイン)2100形1編成(8両)
内容
台鉄で活躍する客車(普快車)と「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」の車体色が類似していることから、より普快車のデザインに近づけるため、車体、排障器にラッピングを施しております。
また、車両の前後には友好鉄道協定を記念したヘッドマークを掲出。

羽田空港国際線ターミナル駅の台湾・台湾PRブースの設置

設置場所
京急線 羽田空港国際線ターミナル駅 2階到着ロビー 改札内連絡通路
設置期間
2016年2月26日(金)~
設置物
  • 台湾への渡航、台鉄の乗車を想起させるビジュアルパネル(縦約270㎝×横480㎝)
  • 友好鉄道協定調印文書(写)、両者間で交換した記念品などの展示物

京急線で運行中の記念ラッピング列車

羽田空港国際線ターミナル 台湾・台鉄PRパネル

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ