ニュースリリース

2016年04月14日

京急グループの社会貢献活動
薄膜太陽光設備&電気自動車を導入しました
CO2を削減し、環境負荷低減に貢献します

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区 社長:原田 一之 以下、京急電鉄)は、京急グループの社会貢献活動の一環として、薄膜太陽光設備を南太田駅と金沢文庫駅に、電気自動車を金沢変電区に導入しました。

薄膜太陽光設備の導入
神奈川県の補助金事業として南太田駅と金沢文庫駅(金沢文庫現業事務所を含む)に薄膜太陽光設備を導入いたしました。
駅前街路灯や駅構内照明等の電源として活用しています。
電気自動車の導入
日産自動車株式会社の募集する「e-NV200フリートモニターキャンペーン(商用自動車の3年間無償貸与)」に参加し、1台を金沢変電区の事業用車として活用しています。

過去の環境への取り組みとしては、京急百貨店の外商用営業車に同じくEV「日産リーフ」を3台導入、羽田空港国際線ターミナル駅に太陽光パネルの設置などを行っております。
また、その他にも、省エネルギー対策として鉄道施設でのLED照明の導入、電力回生ブレーキの活用、ハイブリッドバスの導入等にも取り組んでおります。

京急グループでは今後も引き続き、あらゆる事業活動や社会貢献活動を通じて、環境保全と環境負荷の低減に努め、持続的発展が可能な社会の形成に貢献します。

詳細は以下のとおりです。

薄膜太陽光パネル(金沢文庫現業事務所)

商用電気自動車「e-NV200」

薄膜太陽光設備と電気自動車の導入について

薄膜太陽光設備

南太田駅
設置場所
南太田駅下り品川方ホーム屋根部
設置規模
薄膜太陽光パネル18枚
用途
駅前広場山側LED街路灯2基の照明用電源
金沢文庫駅
(金沢文庫現業事務所を含む)
設置場所
金沢文庫駅西口階段屋根部、金沢文庫現業事務所西側側面
設置規模
薄膜太陽光パネル22枚(金沢文庫駅)、54枚(現業事務所)
用途
駅コンコースおよび現業事務所内の照明用電源
  • 南太田・金沢文庫駅への薄膜太陽光設備の導入は、神奈川県の補助金事業として実施します。

電気自動車

導入車種
日産自動車 商用電気自動車「e-NV200」
導入台数
1台
用途
金沢変電区の業務用車両

カタログスペック

充電走行距離
190km
充電時間
普通充電8時間 急速充電30分
その他
非常時はバッテリーを電源として使用可能(最大負荷1,500W 電力消費1,000W×8時間)

参考 京急グループ環境基本方針について

  1. 京急グループ環境基本方針
    「私たちは、あらゆる事業活動や社会貢献活動を通じて、地球環境の保全と環境負荷の低減に努め、持続的発展が可能な社会の形成に貢献します。」
  2. 行動指針
    • 私たちは、環境にやさしい公共交通機関を中心に、さらなる利便性の向上と魅力ある沿線価値の創造に努めます。
    • 私たちは、資源やエネルギーの有効活用と、廃棄物の削減・再利用・再資源化への取り組みを通じ、環境負荷の低減に努めます。
    • 私たちは、次世代を担う子ども達に、より良い沿線環境を引き継ぐため、沿線の豊かな自然との共生・保全に努めます。
    • 私たちは、あらゆるステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを大切にし、地域社会との協調・連携に努めます。
    • 私たちは、環境に関する法令等を正しく理解・順守するとともに、啓発・教育活動を通じて、社員一人ひとりの環境意識の向上に努めます。
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ