ニュースリリース

2016年03月15日

訪日外国人の急増を受け好調!羽田空港国際線ターミナル駅 駅ナカを強化します!
4月25日(月)「ウィングエアポート羽田」駅ナカ第2弾リニューアル!
ラーメン『品達』が初出店!Wi-Fi受取ロッカーやSIM自販機など、新たなサービスも導入

京急グループの株式会社京急ステーションコマース(本社:東京都港区、社長:佐藤 憲治、以下 京急ステーションコマース)は、運営する羽田空港国際線ターミナル駅構内の商業施設『ウィングエアポート羽田』を、4月25日(月)にリニューアルオープンいたします。

第2弾のリニューアルとなる今回の概要は、下記のとおりになります。

  1. (1)
    ラーメンフードコート「品達 羽田」新規導入(京急開発(株))
  2. (2)
    「グローバルWiFi®」店舗リニューアルおよび「Wi-Fi受取ロッカー」新規導入((株)ビジョン)
  3. (3)
    SIMカード自動販売機の新規設置((株)KADOKAWA)
  4. (4)
    デジタルサイネージ飲料自動販売機の新規設置(キリンビバレッジ(株))
    • (4)のみ3月23日(水)に先行設置します。

『ウィングエアポート羽田』は、新たに「ラオックス」、「マツモトキヨシ」といった免税サービスに強みのある店舗を誘致するなど、訪日外国人のお客さまを新たなターゲットに、空港立地の利便性の高い施設として、昨年10月に、既存の駅ナカ施設をリニューアルし誕生しました。
リニューアル前に比べ、訪日旅客が増加したことから、免税ゾーン全体で売上が前年の2倍になるなど、大変ご好評をいただいております。

今回の第2弾リニューアルでは、訪日外国人からニーズの高い「ラーメン」や「SIMカード自動販売機」を新規導入することに加え、事前予約したお客さまが待たずに受け取れる「Wi-Fi受取ロッカー」や、写真撮影機能や多言語案内機能が付いたデジタルサイネージ自動販売機といった新たなサービスの導入により、空港直結の駅ナカ施設として、付加価値をさらに高めてまいります。

詳細は以下のとおりです。

ウィングエアポート羽田

 

リニューアルの詳細について

ラーメンフードコート「品達 羽田」新規開業

店舗名称
「品達 羽田」
運営会社
京急開発(株)
区画概要
ウィングエアポート羽田3階
開業日
2016年4月25日(月)予定
営業時間
7:00~23:00
概要
京急線品川駅高架下で営業する「品達」の出張店として新規出店。フードコートタイプの飲食店として、新業態を含む3ブランドのラーメン店をご提供いたします。

「グローバルWiFi®」店舗リニューアルおよび「Wi-Fi受取ロッカー」新規導入

店舗名称
「グローバルWiFi®」
運営会社
(株)ビジョン
区画概要
ウィングエアポート羽田2階
リニューアル日
2016年4月25日(月)予定
営業時間
6:30~23:30
概要
  • カウンター席数の増設による混雑緩和(従来の3席から6席へ倍増)
  • 「Wi-Fi受取ロッカー」の新規開発導入による混雑緩和

SIMカード自動販売機の新規設置

名称
「J Walker SIM自動販売機」
運営会社
(株)KADOKAWA
区画概要
ウィングエアポート羽田2階京急ツーリストインフォメーションセンター(以下 京急TIC)カウンター前(セブン銀行ATM横)
サービス開始日
2016年4月25日(月)予定
営業時間
始発から終電車まで
発売商品
7日版(6日+1日)/15日版(14日+1日)
  • 通信規格:LTE/3G

デジタルサイネージ飲料自動販売機の新規設置

名称
「デジタルサイネージ自動販売機」
設置メーカー
キリンビバレッジ(株)
区画概要
ウィングエアポート2階 京急TICカウンター裏
サービス開始日
2016年3月23日(水)
営業時間
始発から終電車まで
概要
  • タッチパネル切替による4言語対応(英語、中国語(簡体字)、韓国語、日本語)
  • 写真撮影機能(購入ごとに撮影可能、LINEにてデータ受け取り)

参考 『ウィングエアポート羽田』について

概要

所在:東京都大田区羽田空港2丁目6番5号
アクセス:羽田空港国際線ターミナル駅 直結

開業経緯

2015年10月21日、羽田空港国際線ターミナル駅 開業5周年を記念し、駅ナカ商業ゾーンをリニューアル、空港内商業施設新ブランド「ウィングエアポート羽田」として開業しました。

コンセプト

「空港をもっと便利に、スマートに」
空港利用者に便利と快適を提供する利便商業施設

店舗・サービス一覧

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ