ニュースリリース

2016年03月15日

羽田空港国際線ターミナル駅『ウィングエアポート羽田』駅ナカリニューアル第2弾
自撮りできる「デジタルサイネージ自動販売機」を導入します
4か国語対応で訪日外国人のお客さまにも「日本の自販機」をPR!

京急グループの株式会社京急ステーションコマース(本社:東京都港区、社長:佐藤 憲治、以下 京急ステーションコマース)は、羽田空港国際線ターミナル駅に昨年10月にオープンした駅ナカ商業施設『ウィングエアポート羽田』において、キリンビバレッジグループのキリンビバレッジバリューベンダー株式会社(本社:東京都中野区、社長:横溝 宗親)の「デジタルサイネージ自動販売機」を3月23日(水)に、新たに導入します。

この自動販売機は、前面の大型ディスプレイによりデジタルサイネージ機能を備えているほか、「VENDORPHOTO」(ベンダーフォト)機能として、飲料を購入したお客さまが、自販機の内臓カメラで「自撮り」撮影したデザインフレーム付き写真を、アプリ“LINE(ライン)”で受け取ることができます。
また、デザインフレームを、京急線をイメージしたデザインや、日本の「和」をイメージしたものにすることで、写真の拡散を狙うとともに、京急線の認知度向上を図ります。

さらに、訪日外国人のお客さまの利便性向上を図るため、カテゴリー(種類)やカロリーなどの商品情報や自販機の使い方を、4か国語標記(※1)にてご案内いたします。

  • ※1 英語、中国語(簡体字)、韓国語、日本語

なお、羽田空港をご利用いただく訪日外国人のお客さまは、「自撮り」に関心が高い傾向があるほか、「日本の自動販売機」の利用意欲が高い反面、「利用方法がわからない」といったご意見があり、今回の自販機は、こうした現状を受けて設置するものであり、この自販機の駅ナカへの導入は全国で初となります。

詳細は以下のとおりです。

キリンビバレッジバリューベンダー
「デジタルサイネージ自動販売機」

「VENDORPHOTO」撮影画面
 

ウィングエアポート羽田

「デジタルサイネージ自動販売機」導入について

概要

表示と通信にデジタル技術を活用し、前面に液晶ディスプレイを配置した自動販売機であり、フレーム付自撮り写真提供機能をはじめとした様々な機能を搭載しています。

設置日時

3月23日(水)始発~

設置台数

1台

設置個所

京急線羽田空港国際線ターミナル駅「ウィングエアポート羽田」2階(改札外)
京急ツーリストインフォメーションセンター(京急TIC)付近

機能

(1)「VENDORPHOTO」(ベンダーフォト)機能
お客さまが清涼飲料を購入すると、自動販売機の内蔵カメラで写真撮影(自撮り)ができます。
撮影した楽しいデザインフレーム付きの写真をアプリ“LINE(ライン)”で受け取ることができます。
(2)多言語対応機能
タッチボタンで画面を切り替えることにより、英語・中国語(簡体字)・韓国語での表記が可能です。
商品(商品名:カテゴリー/カロリー表記)ほか、原材料やアレルギー成分などの商品情報や自販機の使い方をご案内いたします。

参考 「ウィングエアポート羽田」について

昨年10月、羽田空港国際線ターミナル駅開業5周年を記念し、駅ナカ商業ゾーンに新しく免税サービス実施の店舗を誘致し、空港内商業施設新ブランド「ウィングエアポート羽田」としてリニューアルオープンいたしました。
なお、4月下旬に、リニューアル第2弾として、新たなサービスを展開してまいります。

  1. (1)
    マツモトキヨシ京急羽田空港国際線ターミナル駅店
  2. (2)
    ラオックス羽田国際空港店
  3. (3)
    セブン-イレブン京急ST羽田空港国際線タ-ミナル店
    • 上記3店舗では、免税サービスを行っております。
  4. (4)
    グローバルWiFi®(Wi-Fiルーターレンタル、国内用SIMカード販売)
  5. (5)
    トラベレックス(両替サービス)
  6. (6)
    JCB空港サービスデスク(会員向け海外情報サービス)
  7. (7)
    羽田国際空港歯科Diva Dental Clinic
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ