ニュースリリース

2015年11月27日

Pepperが羽田空港国際線ターミナル駅の駅係員に!
11月28日(土)には、フィンランドから来た"サンタクロースをお出迎え"します

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下:京急電鉄)は、11月 28 日(土)から 、京急線・羽田空港国際線ターミナル 駅において、ソフトバンクロボティクスが提供・開発する人型ロボット「Pepper」によるご案内を開始します。

訪日外国人をお出迎えする、日本の玄関口である当駅に、世界初の感情認識機能をもった「Pepper」を設置することによって、訪日外国人の方々へ日本の技術力を発信するとともに、お客さまを楽しませる「おもてなし」を実現いたします。

Pepperは、羽田空港国際線ターミナル駅の2階・到着ロビー改札口付近に“駅係員として配属”し、Welcomeメッセージや駅の利用案内を行うほか、ダンスを踊ったり、内蔵されたゲーム機能で一緒に遊ぶこともできます。
“配属”初日の11月28日(土)には、フィンランド・サンタクロース・ファウンデーション公認のサンタクロースをお出迎えし、一緒にフォトセッションを行います。

今後、Pepperの機能の充実を検討しながら、羽田空港国際線ターミナル駅を、訪日外国人をはじめとする多くのお客さまの旅のニーズにこたえることを目指し、取り組んでまいります。

詳細は別紙のとおりです。

京急線・羽田空港国際線ターミナル駅 構内図

人型ロボット「Pepper」による羽田空港国際線ターミナル駅でのご案内について

概要

京急線・羽田空港国際線ターミナル駅に、人型ロボット「Pepper」を駅係員として配属し、訪日外国人へ日本の技術力を発信するとともに、お客さまを楽しませる「おもてなし」を実現します。

配属日

2015年11月28日(土)から

勤務場所

羽田空港国際線ターミナル駅 2階・到着ロビー改札口付近

勤務時間

6:00~23:00 ※10:00~14:00は昼食(充電)のため休憩

モデル名

「Pepper for Biz」※法人向けモデル

「Pepper」が行うご案内の内容

  • Welcomeメッセージや駅構内のご案内をします。
    「ようこそ、日本へ!」や「カートのご利用方法」などのメッセージを、日本語・英語で会話します。
    • Welcomeメッセージは、画面を通じて韓国語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・ポルトガル語・スペイン語でご案内します。
  • ダンスや内蔵されたゲーム機能で遊ぶことができます。

勤務場所の京急線・羽田空港国際線ターミナル駅

“配属”初日イベント「サンタクロースのお出迎え・フォトセッション」について

11月28日(土)には、フィンランド・サンタクロース・ファウンデーション公認のサンタクロースをお出迎えし、一緒にフォトセッションを行います。

  • フォトセッション時間 14:00~14:50 ※参加無料
  • 実施場所 羽田空港国際線ターミナル駅 2階・到着ロビー改札口付近

参考

フィンランド・サンタクロース・ファウンデーション公認のサンタクロースについて

フィンランド・サンタクロース・ファウンデーションは、フィンランドの事を広く知ってもらいたいという思いから、『フィンランドの親善大使』としてサンタクロースを任命し、その活動をサポートしている団体です。
京急グループでは、サンタクロースのオフィシャルエアラインであるフィンエアー(フィンランド航空)の協力のもと、11月28日(土)にフィンランド・サンタクロース・ファウンデーション公認のサンタクロースを招待し、羽田空港国際線ターミナル駅などにおいて、フォトセッションとプレゼント配布を実施いたします。

フィンエアー×KEIKYU「フィンランドからサンタクロースがやってくる!」ニュースリリースはこちら

京急が目指す羽田空港国際線ターミナル駅の将来ビジョンについて

“ワンストップサービスで訪日外国人の旅のニーズにお応え”
訪日外国人が2,000万人に迫ろうとしているなか、訪日外国人の受け入れ環境整備や、快適な旅をサポートするサービスの充実が急務です。
京急では日本の玄関口である羽田空港のアクセスを担う企業グループとして、玄関口にふさわしい「おもてなし」を実現してまいります。
羽田に降り立ったら、不慣れな日本の旅を快適にするために、必要なものを「ワンストップ」で整えていただきます。
また、お帰りになる際には、旅の仕上げに、日本お土産や思い出をお持ち帰りいただくために、京急では、日本の四季や歴史、文化、最新のテクノロジーを伝える情報発信の場を提供し、そしてまた次回、この羽田空港に帰ってきていただくことを目指してまいります。

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ