ニュースリリース

2015年11月24日

スワンナプーム国際空港とバンコク市街を結ぶエアポート・レール・リンク運営会社
タイ・SRTETと京急電鉄が友好協定を締結
12月4日(金)SRTET本社(バンコク)にて調印式を執り行います

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)は、タイのスワンナプーム国際空港とバンコク市街を結ぶ空港鉄道のエアポート・レール・リンクを運営するSRTET(S.R.T Electrified Train Co.,Ltd.)と「友好協定」を締結します。

近年、タイからの訪日客数は増加を続けており、2015年1月~10月累計で前年比22.2%増の62.7万人を記録しました。
また、羽田空港~バンコク・スワンナプーム国際空港間には現在6便/日が就航し、旅行者やビジネス客をはじめ、多くの方々が日泰間を往来しております。

今回の協定締結は、両社が首都空港と都心を結ぶ重要なアクセス鉄道であること、エアポート・レール・リンクと京急線羽田空港国際線ターミナル駅が共に開業5周年を迎えることから、両空港を利用するタイ人・日本人の利用拡大を目的に実施するものであり、2015年12月4日(金)に、SRTET本社にて、京急電鉄社長、SRTET CEO出席のもと、調印式を執り行います。
なお、京急電鉄が海外の鉄道事業者と友好協定を締結するのは今年2月の台湾鉄路管理局に続いて2度目となり、また、SRTETが海外の鉄道事業者と友好協定を締結するのは今回が初めてとなります。

今後は両社で連携した取り組みを実施し、空港アクセスの利便性PRのみならず、日泰間の交流人口の増大を目指すべく活動してまいります。

詳細は以下のとおりです。

京急電鉄車両

エアポート・レール・リンク車両

SRTET・京急電鉄との友好協定について

調印式について

日時 2015年12月4日(金)10:00~
場所 SRTET本社(エアポート・レール・リンク マッカサン駅)
出席者 京急電鉄:取締役社長 原田一之
SRTET:CEO Gen.Darran Yutthawonsuk
  • 当日はメディアを招待の上、調印式を執り行います。

今後の取り組みについて

  1. (1)
    友好提携記念ポスター掲出
  2. (2)
    両社線の利用促進を図るプレゼントキャンペーンの実施 など

参考 【SRTETについて】

タイ国有鉄道(State Railway of Thailand)傘下で、スワンナプーム国際空港とバンコク市街を結ぶエアポート・レール・リンク(ARL)を運営。
ARLは全長28kmで、スワンナプーム国際空港駅をはじめマッカサン駅、パヤタイ駅など全8駅。

エアポート・レール・リンク路線図

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ