ニュースリリース

2015年10月16日

トランジットの空き時間に最適!訪日外国人に京急川崎”駅”周辺の魅力をPR
Enjoy Kawasaki Station Area!Travel Guidebookを発行します

川崎市、川崎産業観光振興協議会、京浜急行電鉄株式会社(以下、京急電鉄)は、羽田空港を利用する訪日外国人に向けて、京急川崎“駅”周辺の見どころ、食べどころ、楽しみどころをPRするために、「Enjoy Kawasaki Station Area! Travel Guidebook」を発行いたします。

訪日外国人観光客数が過去最高の伸びを続ける中、京急電鉄が羽田空港国際線ターミナル駅に設置する「京急ツーリストインフォメーションセンター」(以下、京急TIC)では、トランジット(乗り継ぎ)や出発前の空き時間の過ごし方についての質問が増加しています。
これを受け、羽田空港国際線ターミナル駅から乗り換えが無くアクセスが容易(約12分)な京急川崎駅周辺の魅力を、3者が一体となってPRすることで、訪日外国人の誘客に取り組んでいくとともに、川崎市における新たな交流人口の増大を図ります。

対象エリア

京急川崎“駅”周辺

対象言語

英語・中国語(繁体字)・タイ語

仕様

B5版冊子式(4色8ページ)

発行予定部数

21,500部

配架開始日

平成27年10月17日(土)から京急TICにおいて配架開始後、川崎市広報施設、川崎市内宿泊施設等において順次配架

  • 外国人旅行者向けフリーペーパー「Good Luck Trip東京 11月号」に掲載予定
    (発行部数:110,000部、配布先:アジア圏6ヶ国、国内各種施設)

掲載内容

  1. (1)
    駅周辺マップ
  2. (2)
    大型商業施設紹介
  3. (3)
    体験施設の紹介
  4. (4)
    食事施設の紹介
  5. (5)
    免税店舗の紹介
  6. (6)
    ホテルの紹介

参考

京急ツーリストインフォメーションセンターについて

場所 羽田空港国際線ターミナル駅 2階到着ロビー階 改札横
主なサービス内容
  1. (1)
    首都圏を中心とした交通案内
    • 交通案内のほか券売機等の利用方法・駅施設・乗車案内など
  2. (2)
    訪日外国人へのPASMO、乗車券等の販売
    • 京急線内の普通乗車券についてはクレジット、銀聯(ギンレン)カード決済が可能
  3. (3)
    行政と提携した観光案内
    ※観光案内については、下記と連携、認定案内所として登録されています。
    • 日本政府観光局(JNTO)「ビジット・ジャパン案内所」カテゴリー3(最高ランク)
    • 横浜観光コンベンション・ビューロー「民間観光案内所」
    • 東京都「東京観光案内窓口」
  4. (4)
    グループ各社への観光・宿泊客等に対する窓口
営業時間 7:00~22:00
コンシェルジュスタッフ数 常時2名体制
対応言語 4か国語対応(日・英・中・韓)

京急TICの場所

観光庁による外国人観光案内所認定制度について

外国人観光案内所の認定制度の概要

  • 訪日外国人旅行者の受入環境整備の一環として、日本政府観光局(JNTO)によって新たに設けられた制度。
  • 観光庁が定めた「外国人観光案内所の設置・運営のあり方指針」に基づき導入されたもので、認定によるブランド化と案内所のカテゴリー別の分類、3年ごとの更新制により、案内所のサービスの質の向上、質の担保を図るもの。
  • 認定を受けたカテゴリー1~3の各案内所では、認定案内所であることを示すシンボルマークを外国人旅行者の見えやすいところに掲出。

実施主体

日本政府観光局(JNTO)

観光庁による認定制度カテゴリー別の役割

分類 主なサービス内容
多言語対応 提供するサービス
カテゴリー1
  • 外国人旅行者を積極的に受け入れる意欲がある。
  • パートタイムで英語対応が可能なスタッフがいる。又は電話通訳サービスの利用、ボランティアスタッフの協力等により英語対応できる体制がある。
  • 地域内の公共交通利用や観光情報などを提供できる。
カテゴリー2
  • サービス提供時間中は、少なくとも英語で対応可能なスタッフが常駐している。
  • 電話通訳サービス利用やボランティアスタッフの協力を得て、英語以外の言語にも対応できる体制がある。
  • 広域エリア内の公共交通利用や観光情報などを提供できる。
カテゴリー3
  • サービス提供時間中は、英語、中国語、韓国語で対応可能なスタッフが常駐している。
  • 全国の公共交通利用や観光情報などを提供できる。
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ