ニュースリリース

2015年05月22日

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで紹介された三浦半島の観光地をPR
「ミシュラン・グリーンライナー」運行開始
5月28日から『羽田空港-東京駅線』の京急リムジンバスをラッピング

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之)では、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第3版に三浦半島エリアが紹介されたことを広くPRするため、日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、社長:ベルナール・デルマス)協力のもと、2015年5月28日(木)から、羽田空港と東京駅を結ぶ京急リムジンバスに三浦半島のイメージをラッピングし、「ミシュラン・グリーンライナー」として装いを新たに運行を開始いたします。
これは、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、増加する訪日外国人をターゲットに、「三浦半島」「城ヶ島」が「近くにいれば寄り道をして訪れるべき場所」を意味する二つ星(★★)、「観音崎」「葉山マリーナとその周辺」が「興味深い」を意味する一つ星(★)として紹介されたこと、国際線発着枠のますますの拡大が見込まれる羽田空港からのアクセスに優れた神奈川県の観光名所であることを周知し、インバウンド需要の拡大を目指すものです。

京急バスグループでは、三浦半島を訪れる訪日外国人の受入体制強化を図るため、主要バス停に多言語(英・中・韓)でのバス乗り方案内を掲示しているほか、経由地や終点等の運行案内の英語表記化に対応したバス車内表示機の導入を進めております。
詳細は以下のとおりです。

【ミシュラン・グリーンライナーデザインイメージ】

ミシュラン・グリーンライナーの運行について

運行期間

2015年5月28日(木)~約1年間

運行路線

羽田空港~東京駅線(同路線を1日平均3~4往復します)

導入台数

1台(羽田京急バス東京営業所所属)

デザインの概要

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン改訂第3版で紹介された「城ヶ島」「観音崎」「葉山マリーナとその周辺」各エリアを、ミシュランタイヤのコーポレートキャラクター、ミシュランマンとともに車体の両側面・背面にラッピングしました。

その他

(1)ミシュラン・グリーンライナーを含む京急リムジンバス全46路線内に設置の案内パンフレット内に、三浦半島がミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで紹介されたことをPRします。

(2)運行開始を記念して、5月28日(木)13時から14時まで、京急線羽田空港国内線ターミナル駅(第1ターミナル改札前)にて、ミシュランコーポレートキャラクター「ミシュランマン」と京急電鉄マスコットキャラクター「けいきゅん」によるプロモーションを行います。

ミシュラン・グリーンガイドとは

1926年にブルターニュ編が刊行されて以来、80年以上の歴史を持つミシュラン・グリーンガイドには、好奇心に満ちた旅行者たちが、訪れる土地をよりよく理解し、充実した旅を楽しめるような情報が満載されています。
豊かな自然や多彩な文化に触れることができる興味深い観光地が紹介されており、掲載地は旅行者へのお薦め度という観点で、星なしから「わざわざ旅行する価値がある」という三つ星まで分類されています。
星は「わざわざ旅行する価値がある(★★★)」、「寄り道する価値がある(★★)」、「興味深い(★)」を意味します。この評価は、「ミシュラン・グリーンガイド」独自の9つの基準に従って決められます。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで紹介された三浦半島の観光地

三浦半島エリア(★★)、城ヶ島(★★)、観音崎(★)、葉山マリーナとその周辺(★)、横須賀エリア、軍港めぐり、ヴェルニー公園、記念艦三笠、三浦海岸、荒崎公園

三浦半島地区における、京浜急行バスの訪日外国人受入体制について

(1)主要バス停における、多言語でのバス乗り方案内、三崎口駅でのバス時刻表英語表記化
(2)終点経由運賃案内をおこなう車内表示機の英語表記化

多言語でのバス乗り方案内

英語表記化した車内表示機

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

ページトップ